コンプレックス

彼氏より肩幅が広い!狭くする簡単ストレッチ方法や整体は効果ある?

彼と並んで歩いているとき、ぎゅっと抱きしめられたとき、“ショック!!私って彼より肩幅が広い!”と落ち込んだ事のある女性、いるのではないでしょうか。最近は細身の男性も多いですし。意外と彼氏より肩幅が広いと悩む女性は多いようです。

もともと骨格がしっかりしている、スポーツで筋肉が発達していて肩幅が広いといった女性は多いと思います。

“守ってあげたい”と思わせる華奢な肩って憧れますよね。彼氏より肩幅が広いとお悩みの女性のみなさんのために、今回は肩幅を狭くする簡単ストレッチ方法や整体とその効果について見ていきたいと思います。 

Sponsored Link

肩幅を狭くする簡単ストレッチ方法

 

どうせ肩幅は狭くならないと諦めるのはまだ早いです!

なんと簡単なストレッチ方法で肩幅を狭くすることができるんです。

しかもお家で短時間でできるので、彼氏より肩幅が広いと嘆く女性はぜひ今日から始めてみてください!

 

肩甲骨を寄せる

両手を上げた後から背中に持っていき、背中で手をつなぎます。

肩甲骨を内側に寄せるよう意識しながら、両手をつないだまま少しずつ上に持ちあげます。その姿勢のまま30秒キープしてから元の姿勢に戻ります。肩甲骨を内側に寄せることを意識するのが大事です。

 

両肩を上げて落とす

肩をすくめるように両肩をグッと持ち上げ、そのまま5秒キープ。その後に力らを抜き肩をストンと落とします。

肩こりにも効果のあるストレッチ方法です。

 

合掌ポーズ

両手を上に真っ直ぐ伸ばし、頭の上で手のひらを合わせます。そのままグッと上にひっぱるように3秒キープ。その後ゆっくり元の姿勢に戻ります。

両手を上げたり下げたりする動きで肩が動いているのを意識しましょう。

手を上げている間も、首の付け根や腕の付け根、肩甲骨まわりのストレッチされている部分を意識すると効果的。

 

背中全体のストレッチ

四つん這いになり、足を肩幅に広げます。それからお尻をかかとにゆっくり近づけていきます。腕が完全に伸びたらそのまま数秒間キープ。このとき肩甲骨が内側に入っているのを意識しましょう。その後ゆっくり元の姿勢に戻ります。

 

ストレッチ後にはリンパマッサージもおすすめ

鎖骨に手をあて、肩から首筋向かうイメージで優しく円を描くようにマッサージをします。
何回かしたら反対側も同じようにマッサージします。

 

 

肩幅矯正という整体も

 

肩幅矯正という整体があるのをご存じですか?

彼氏より肩幅が広い女性のみなさん、気になりますよね。

骨盤矯正やO脚矯正というのはよく聞くかと思いますが、最近は肩幅矯正というものを行っている整体院も増えました。

肩幅矯正とは、肩の骨や関節の位置を整え、歪みを治し、正しい位置に戻す方法です。“え?正しい位置に戻すだけじゃあ肩幅なんて変わらないんじゃない?”と思いますよね?

 

しかし、肩幅というのは単に骨格だけでなく、関節の位置や筋肉のつき方などで大きくかわるのです。しかも、関節の位置は猫背などの普段の悪い姿勢などによってどんどん広がっていきます。

肩幅を語るうえで重要な肩甲骨は猫背の姿勢だとどんどん開いていき、結果、肩幅が広くなってしまいます。

このように広がってしまった肩甲骨などを元の位置に戻してあげ、バランスを整え、肩幅を狭くするのが肩幅矯正なのです。

 

1回で狭くなるの?効果は?

肩幅矯正は初回でも狭くなりますが、それは一時的なもののようです。

悪い癖を直すのが矯正ですから、悪い癖が1回で治せないのは想像できるかと思います。悪い癖を治し、定着させるには大体10回~12回ほどの施術を受ける必要がありそうです。

頻度は1週間か2週間に1度といったものが多いので、これなら続けられそうですね。

 

また、毎日のストレッチやできれば定期的にメンテナスの施術を受けると効果が持続するようです。

効果については、初回でも1~2センチほど狭くなり、最終的には4~6センチほど狭くなる場合が多いようです。4~6センチというと第三者から見ても明らかにわかるほどだそう。一度肩幅矯正を受けた方の施術前と施術後の写真を見てみてください。まるで別人ですよ!

肩幅矯正を行うと姿勢もよくなり、肩のラインが美しく出て、バストアップなどのスタイルアップも期待できるそう。さらに、肩こりや首のこりまで解消されるなど、嬉しい効果がたくさんです。

 

いかがでしたか?

彼氏より肩幅が広いと悩む女性は、肩幅は治らないと諦める前に上記の狭くするストレッチ方法や整体をまずは試してみてはいかがでしょうか。

肩幅はデスクワークや猫背、バッグを片方の肩ばかりで持つといった普段の生活習慣や姿勢の悪さによって広がるので、生活習慣や姿勢を見直すのも大事ですね。