デート

付き合う前の初デートで手をつなぐタイミングやコツは?

付き合う前の初デートだと、どこのタイミングで手を繋ぐか、すごく迷いますよね。

 

そもそも手を繋いでもいいものなのかどうか、嫌がられたりはしないか、恋人でもないのに早いかな、とか……考え過ぎて行動に移せない、なんて人も多いのでは?
でも実は初デートでも手を繋ぐタイミングはたくさんあるし、案外簡単に出来るコツはあるんですよ。さらにその反応で相手の気持ちを推し量ることも出来るので、実は便利なテクニックともいえます。
恋愛にも武器となる攻略法があります。手を繋ぐことも、恋愛には欠かせないテクニックのひとつです。今回は付き合う前に相手の気持ちを知る手段として、初デートの時に手を繋ぐタイミングやコツについてご紹介します。

Sponsored Link

 

序盤からチャンスはある!手を繋ぐタイミング

 

手を繋ぐタイミングに迷ってしまうのは、ある程度デートが進んでしまってからではないでしょうか。
「楽しんではくれてるみたいだけど、どこで繋げばいいか分からない……」なんて、相手の手に手を近づけてみたり、やっぱり怖くなって離してみたり。コツがつかみにくいですよね。

でも実は付き合う前の初デートだからこその、手を繋ぐことの出来るタイミングがあるんです。それは本当に一番最初の、待ち合わせ場所でお互いに出会えた時!
待ち合わせ場所で待っている、あるいは待たせている間って、相手が本当に待ち合わせ場所にいてくれるのかどうかと、どこか不安になるものですよね。ちゃんと約束をしたんだからと理解してはいても、約束を反故にする人じゃないと分かっていても、付き合う前の、お互いに気持ちを確かめ合っていない微妙な関係であれば、なおさらのこと。

だからこそ、待ち合わせ場所に相手が現れた時にはお互いにほっとするものなんです。「ちゃんと約束守ってくれた」と嬉しくなってしまうものなんです。
その心の動きこそが、最大のチャンス。恋愛は勢いに任せて行動することも必要です。とびきりの笑顔と一緒に「じゃあ行こっか!」と率先し、手を繋ぐことで嬉しい気持ちを表現しちゃいましょう。

付き合う前とはいえ、初デートに応じてくれた時点で、相手は何かしらの感情を抱いてくれています。それがまだ恋愛までに芽生えていなくとも、自分がいることで喜んでくれる相手を無碍にする人はいませんよ。

ちなみに女性であれば、彼が戸惑っていたら「嬉しくて繋いじゃった!」と素直に感情を表現すれば、男性側とて悪い気はしません。男性であっても、恥ずかしくてもさっと手を繋いで率先して歩けば、意外な男らしさを感じて女性はキュンとします。この序盤の手を繋ぐタイミングとコツは、男女共に使えるテクニックのひとつです。

 

人ごみの中、足場の悪い場所などは絶好のチャンス!

初デート、しかも付き合う前段階の場合だと、いきなり二人きりになる場所を選ぶ人はまずいないので、大体は映画館や水族館、ショッピングモールやイベント会場など、人が多く集まる場所が定番のデートコースでしょう。

人が多くて離れ離れになりそうな場所ほど、手を繋ぐ絶好のタイミング!「迷子になりそうだねー」など言いながら、さらっと手を繋いでしまいましょう。
状況が状況ですし、人が多い場所であれば必ずしも電話の電波がいいとは限りません。はぐれてしまった人を探す手段はほぼみんな同じですから、一度迷子になってしまうと探し出すのは至難の業、ということも。

またそれが原因でケンカしてしまい、付き合う前の微妙な時期だというのに、せっかくのチャンスを逃してしまうというのも勿体なさ過ぎます。ここは恋愛成就への必須度胸と割り切って、多少わざとらしいと思っても、思い切って行動してみましょう。
またこれは、男性であっても使えるコツです。人が多いところ、足場の悪いところを歩く際は、女性は大抵難儀に思っていますから、単純に「手を貸してもらえたらありがたいなあ」と思っています。

一緒に歩いてみればよく分かりますが、男女で歩幅はかなり違うもの、身長差があればなおのことです。この際、気恥ずかしいとかいろんな気持ちはぐっと飲み込んで、スマートに彼女を助けてあげましょう。そういうところでさらりとエスコートすると、男性の株は絶対に上がりますよ!

 

どうしても手を繋ぐのをためらってしまう時は…

「いろいろ言われてるけど、付き合う前だし、初デートを失敗させたくないし……」など、どうにも考えすぎてしまって、「手を繋ぐタイミングやコツなんて、言われても簡単に出来ない!恥ずかしいものは恥ずかしい!」とかたくなになってしまう人は……大丈夫、そういう奥手な人でも相手が手を繋ぐことをOKと思っているかどうか、判断できるコツがあります。

たとえば歩いてる時でも、買ってきた飲み物を渡す時でも、いつでも構いません。付き合う前の相手で初デートであっても、相手との距離が近くなるタイミングは必ずあります。その時に少しでもいいですから、手に手を触れてみましょう。

自分に置き換えて、よく考えてみて下さい。嫌いな相手に触れられた時、あなたはどんな風に思いますか?また、どんな行動を取りますか?
付き合う前とはいえ、相手だって同じ人間です。考えることは一緒のはず。

嫌いな人であれば距離をとろうとするでしょうし、逆に好きな人であれば、チャンスがあったらもう一回触れたいと思うでしょう?
もし指でも手の甲でも、何度も触れるタイミングがあるのであれば、相手も憎からず思っている証拠です。
恋愛は、待っているだけでは成就しません。コツを覚えておいて、タイミングがあったら即実行する行動力も大切ですよ。

 

まとめ

付き合う前の初デートだと、相手にいい印象を与えたくて、お互いついついためらってしまいがちです。

大体は男性が何かしらのモーションを起こして、女性側の反応を見ることが一般的ですが、「草食系男子」と呼ばれるほど男性が消極的になっている昨今、ずっと待ちの態勢では恋愛成就が難しいのも事実です。

それに手を繋ぐことは、相手に好きな気持ちをストレートに伝えられる手段のひとつです。言葉にするのは難しくとも、手を繋ぐことはちょっとしたコツとタイミングをつかみさえすれば気持ちを伝えられる、実は一番率直な告白でもあるのですよ。

付き合う前とはいえせっかくの初デート、お互いによい印象になるデートにしたいですね!