出会い

酔った勢いで好きになった男性に自分から連絡して告白するべき?

 

友人たちと楽しく飲んでいると、つい好きな人に連絡を取りたくなったという経験はありませんか。中には勢いで電話しちゃって後悔した・・・なんて経験のある人もいるかもしれませんね。

今回は酔った勢いで好きになった男性に自分から連絡して告白するべき?をご紹介します。お酒の勢いがないととても告白なんて出来ない、ついついお酒に頼っちゃう・・・という女性の皆さんに役に立つ情報いっぱいですよ!

Sponsored Link

【1.そもそも男性からすると・・・あり?なし?】

 

引用元のサイトによる調査ではなしの方が若干多いという結果です。

「良かった~!」とほっとした人もいるかもしれませんが、ここには落とし穴があります。

よく考えてみて下さい。50%というのは決して高くはない確率ではないですよね。

勇気を出して告白するのであれば、より確率が高い方を選びたいものです。

 

『Q.酔っ払っているときに女性から告白されるのはあり?

 

 「あり」……47.5%

 「なし」……52.5%

 

酔っ払っているときに女性から告白されるのは「なし」だという男性が半数以上という結果に。』

 

 

【2.告白すべきではない理由①】

 

『告白において、“酒の勢いでする”というのはよくありがちですが、極力避けましょう。

よく、気になる人との食事で一次会の席は盛り上げて二次会の大分酔いが回った状態なら、酒の酔いに自分も相手も紛れて成功しやすいと勘違いしている人がいますが明らかなNGと言えます。(中略)

また、酒に酔っている時点で酒に頼っている証拠です。

「この人は酒の力を借りないと何もできない人なのかもしれない」と変なマイナスにも取られかねません。』

引用元:http://za-sh.com/timing-of-confession-972.html

 

お酒の勢いとはいえ、勇気を出して告白したのにそれがマイナスの印象を与えてしまっては、悔やんでも悔やみ切れませんよね。

また酔っている状態での告白は冗談と取られてしまう可能性も上がります。

せっかく勇気を出して連絡したのに、酔っているからと告白を流されてしまい、さらには一度告白してしまったのでその後本心を言いだしにくくなってしまった・・・となってしまうかもしれません。

 

【3. 告白すべきではない理由②】

 

完全に酔っぱらってしまっていると、中には自分が告白したことを覚えていなかった・・・という状態になる人までいますが、これはNGです。

男性側ももともと好意を持っているなど、酔った勢いでの告白がきっかけでカップルになるというケースもありますが、それはあくまでもレアケースだと認識しましょう。

逆の立場で考えてみれば、酔っぱらって告白されても本音なのか分からなくて困ってしまいますよね。そうしたことから酔った勢いで連絡したり、告白したりというのは避けた方が無難です。

 

『ほどほどにお酒を飲んだ状態での告白は全く問題ありませんが、ベロベロに酔っ払っている状態で告白するのは絶対にやめましょう。その状態での告白は、相手にも失礼です。さらに、酔っ払って告白した後に「あれは酔っ払った勢いで言ってしまったことで……」などという言い訳をするのは最悪です。』

引用元:https://pan-pan.co/detail/36702

 

【4.酔った勢いを利用する?】

 

酔った勢いでの告白は危険がたくさんありますが、実は上手く使えば効果的に意中の男性の気持ちを引き寄せることが出来るのも事実です。

 

『酔った勢いを装う理由とは、ずばり二つです。

まず1つ目は、ダメだったときのリスクヘッジ。

酔った勢いであれば、もし拒絶されたりしても、お酒で記憶がなくなった振りや、本心ではなくついノリで、と笑いに変えることができるからです。

そして2つ目が、相手もお酒を飲むのでこちらのペースに持ちこみやすいということ。

恋愛でもう一段階ステップを上がりたいという場面において、酔った勢いで仕掛けたいということももちろんですが、お酒の席ですので相手もお酒が入っています。これは防御力を下げるという目的も果たすのです』

引用元:https://jooy.jp/17015

 

ですので、酔っぱらってお酒に飲まれた状態ではなく、酔った勢いで~という状態を装って立ち振る舞うのがスマートなやり方と言えます。

 

【5.ムード作りは必須です!】

 

お酒の力を上手く利用するためには雰囲気作りが欠かせません。

酔った勢いで電話して告白!ではなく、デート中にしっかりと「これから告白されるかも・・?」とお互いが思えるような雰囲気を作ってから告白しましょう。

多少のお酒はお互いの気持ちをほぐすのに有効ですから、そうした部分でお酒の力を借りるようにしましょう。

 

『どうしてもお酒の勢いを借りて告白をしたくなりますが、あまりベロベロに酔ってから告白すると「酔った勢い」と思われ本気にしてもらえません。

乾杯後のタイミングで「今日は楽しかった。また一緒に食事したり遊んだりしたいからお付き合いをして下さい」と告白しちゃいましょう。

遠回しすぎると伝わらないので、きちんとストレートに「付き合って下さい」「恋人になって下さい」と言ったほうが好感度は高いものです。』

引用元:http://www.weddingpark.net/magazine/3248/

 

【6.女性からの告白自体はどうなのか?】

 

「酔った勢いで・・・!」の前に女性から連絡して告白すること自体、男性からどう思われているのでしょうか。

 

『男性100人に直撃!女性からの告白はアリ?ナシ?

 

「あくまで自分から告白したい」……7人

「どんな女性からでもうれしい」……10人

「友人や同僚からだと困る」……16人

「遠回しな告白にして欲しい」……17人

「告白されたら好きになってしまうかも」……37人

 

今回のポイントはココ。3人に1人以上の男性が、女性からの告白に抵抗はなく、むしろ期待しているのです。

「告白されてから、急に意識するようになった」「ふと目で追ってしまう」「前よりかわいく見えてきた」という声が多く、「今の恋人は告白されてつき合いはじめた」と話してくれた男性も何人かいました。恋愛に受け身の男性が増えていることもあり、この傾向はさらに広がっていくような気がします。』

引用元:http://howcollect.jp/article/4701

 

酔った勢いでの告白に比べると、好意的に受け止める男性の比率が一気に上がっているのが分かりますね。

もちろん好意的な男性が増えたと言っても、中には女性からの告白に抵抗を感じる男性がいるのも確かです。それでも最近では女性からの告白を嬉しく思ってくれる男性が増えているのが現実ですから、「自分から連絡して告白する!」という勇気は無駄ではないと言えるでしょう。

 

まとめ

 

今回は酔った勢いで好きになった男性に自分から連絡して告白するべき?というテーマでお酒と告白に関してご紹介しました。

大人になると様々な場面で欠かせないお酒ですが、どう使うかはあなた次第です。

お酒が原因で大後悔!!なんてことにならないように、賢く利用していきましょう♪