復縁

元彼と復縁が成功するLINE内容例まとめ!脈ありサインや返信は?

元彼と復縁するためにはどんなLINE送ればいいのか悩んでいませんか?

今回は元彼と復縁が成功するLINE内容例&脈ありサインや返信と一緒にご紹介します。

悩んでいる人も迷っている人もご紹介する内容例を参考にしてみましょう

Sponsored Link

【1.2人の思い出が蘇るような内容】

 

復縁したいのであれば、元彼にとってあなたとの思い出がポジティブなイメージになるようにすることが大切です。

そのためにも、2人の共通の思い出や出来事が自然と思い出せるLINEを送りましょう。

 

内容例:

「あの時に行ったお店って△△って名前だった?友達に今度行っていたいって言われたんだけど、思い出せなくて」

 

この時に、元彼から「懐かしいね~、そういえば・・・」といった会話が継続するような反応や「あのお店に行くなら○○がオススメだよ!」など前向きな返事があれば脈ありサインと考えられます。こういったLINEが返ってくるようであれば、復縁成功の可能性が高くなってきます。

逆に何度かLINEしても質問の内容のみしか返ってこないようであれば、人としての義務感で返信している可能性があります。

 

【2.相手の状況を理解している内容】

 

一度お付き合いしていたからこそ出来る気遣いをLINEでアピールしましょう。復縁に繋げるためには、あなたの存在が元彼にとってプラスになる必要があります。

そこで、仕事やプライベートの事情を理解していることが伝わるような内容を選んでLINEすることで、元彼に「自分のことを覚えていてくれたんだな」と思ってもらえるように心掛けましょう。

 

内容例:

「そういえばこの時期は繁忙期だったよね?忙しいのに聞いてくれてありがとう!」

 

特に忙しい時や大変なことが続く時期は、ちょっとした心遣いや言葉が嬉しいものです。

そうした気遣いに対して嬉しい気持ちが表れた返信が来れば、復縁の脈ありサインと見て良いでしょう。

 

 

【3.友達感覚で話せる内容を選ぶ】

 

自分の友達、特に男友達に送るとしたら、どんなLINEをするか考えてみましょう。

気軽にLINEしている間柄の人とのやりとりを見返してみて、元彼との違いを確認してみて下さい。

復縁を目指すのであれば、あえて男友達と同じような気軽な感覚で接してみましょう。

時には1,2で紹介したような元恋人ならではのLINEも有効ですが、基本的には今は恋人ではないということを意識しましょう。

 

内容例:

「駅前に出来たお店行った?××と行ったんだけど、○○がすごく美味しかったよ!」

 

こうした内容に対して、友達であれば返すような内容のLINEが返信されれば、あなたのことを少なくとも嫌いではないということになります。

またはかなり前向きな反応であったり、相手からも色々なLINEが返ってくるようであれば、かなり脈ありのサインが出ていると捉えることが出来ます。

 

【4.時間をおいてから突然の連絡をする】

 

別れてからすぐに連絡をすると、元彼もあなたのことを面倒くさく感じてしまう可能性があります。別れた理由によっては嫌な印象を持たせてしまう危険性もあるので、まずは一旦冷却期間をおくことでお互いに冷静になれる時間を持ちましょう。

その上で彼のことを今でも思っているサインを送ります。

 

内容例:

「最近どう?この前××に行ったら○○君と来たときのこと思い出しちゃって、思わず連絡しちゃった!」

 

これに対して返信内容が前向きなものであれば復縁が成功する可能性も高くなります。

逆にあまり乗り気でない場合はしばらく関わることを避けた方が賢明でしょう。

 

【5.相手が興味あるものについて話題をふる】

 

付き合っていた頃に彼が話していたことや好きだったものを思い出してみてください。

それに関連した最新情報を耳にしたら、彼にLINEしてみましょう。

自分の好きなことに関する話題であれば、送られてきても嫌な気持ちにはなりにくいですよね。

 

内容例:

「○○の新商品が出たってニュースで見たけど、もう買った?」

 

これに対して軽い感じで返信がくれば脈ありまではいきませんが、少なくともあなたに対して悪い感情は抱いていないと言えます。逆に返信がなかったり、あまり気乗りしないような内容であれば、復縁は難しいと考えてアプローチの仕方を考え直す必要があるというサインと捉えましょう。

 

まとめ

今回は元彼と復縁が成功するLINE内容例まとめをご紹介しました。

好きな人と復縁できるように、LINEを上手く使っていきましょう!

賢く使えば、復縁成功も夢じゃないはず。脈ありサインを見逃さないように注意してくださいね。