復縁

元彼から復縁を迫られた時の対処法5選!話し方や接し方まとめ

別れてから再度元彼からアクションがあり、やっぱりやり直したいと復縁を迫られたら、あなたはどうしますか?

なんとも思っていないのであれば、正直回答に困るところではないでしょうか。

むしろ、もう関わりたくないと思う女性も少なくないと思います。

気持ちは様々あると思いますが、今回はそのような場合の時の対処法と、元彼に対しての話し方や接し方について、ご紹介いたします。

Sponsored Link

《対処法① 友達でいよう


元彼と復縁する気はないけど、友達としてならこれから先も付き合っても良いと考えられるのであれば、友達でいようと伝えてあげましょう。

この時、復縁の可能性がゼロなのであれば、元彼に期待させるような言い方はしてはいけません。

友達に戻る条件として、
2人きりでは会わないし遊ばない。
あくまで友達としての付き合いという事を頭に入れて欲しい。
復縁は絶対にない。

との事を元彼にきちんと説明しましょう。

説明した上で理解してもらえたなら、友達として付き合う対処法を取っても良いのではないでしょうか。

 

《対処法② 彼氏がいるから無理》

現状新しい彼氏がいる場合、彼氏がいるから復縁はできないという事をはっきり伝えて対処していきましょう。

元カノに彼氏がいるのであれば、元彼もむやみやたらに復縁は迫ってこれないでしょう。

また、元彼ともう関わりたくないと考えている場合も、同じ対処法が使えます。
たとえ新しい彼氏がいなくても、嘘も方便として言ってしまいましょう。

元カノに新しい彼氏がいるんだとわかれば、元彼自身、自分が介入する事でトラブルに巻き込まれるのも嫌だと思うはずです。

男性の影をチラつかせる事であっさり身を引く男性は多くいます。

復縁を避けるのに、非常に有効な対処法と言えるでしょう。

 

《対処法③ 冷たい態度をとる》

復縁を迫られて一度は断ったものの、懲りずに何度も迫られている場合の対処法です。

この場合は、元彼に対して冷たい態度をとり続ける接し方をしましょう。

何度も復縁を迫る心理として、もう一押しすればどうにかなるんじゃないかという期待感を持っていると考えられます。

それには、あなたの元彼に対しての接し方が甘く、意思表示を曖昧にしている可能性があると言えます。

復縁が無理だとわかっているならきっぱり断り、連絡が来ても無視して構いません。

身近にいて話しかけられる事があるなら、冷たい態度をとったりなんとしても元彼を突き離すような接し方を貫きましょう。

情に流される女性は、はっきり物事が言えない場合があります。

しかし、あなたの曖昧な話し方や接し方によっては、いつまでたっても諦めることなく、元彼は迫ってきます。

 

《対処法④ 連絡先を変える》

電話やメールで連絡してきて、頻繁に復縁を迫られる場合もあります。

このような時の対処法としては、思い切って番号もアドレスも変えてしまいましょう。

また、最近はSNSをコミュニケーションツールとして利用されている方も多いと思います。

SNSを利用しているなら、元彼はそこから連絡を取ろうと考える可能性もあります。

この対策としては、元彼を友達から外したり、ブロックしたり、削除したり、あなたのSNSを観覧できなくさせるように対処していきましょう。

また、これを機会に新しい連絡先を教える友人や知人も、親しい人だけに伝えた方が良いでしょう。

元彼に新しい連絡先が漏れるのを防ぐためです。

基本的に、一年近く連絡をとっていない友人や知人は、削除してしまってもさほど支障はないです。

思い切って、あなたの携帯の中の対人関係も整理してみてはいかがでしょうか。

 

《対処法⑤ 執拗に付きまとわれている》

元彼があなたと復縁したいが為に、執拗に付きまとい、あなたに固執している場合は要注意です。

もしかしたら元彼はストーカー気質な性格の持ち主かもしれません。

このような場合は、警察に相談するという対処法も1つの手です。

いつ、どこで、どのように付きまとわれているのか。
どのような手段で何回復縁を迫られているのかなど、事細かく元彼にされた事を書き留めましょう。

面と向かって復縁を迫られたのであれば、その時の会話をボイスレコーダーに取っておくと、1番証拠となります。

また、ストーカー気質な相手に新しい彼氏ができたなど、男性の話を持ちかけてしまうと、逆上してしまい更に行動がエスカレートする可能性があります。

ストーカー気質な元彼の場合は、まともに話し合おうという事はせず、実家へ避難するか、元彼の知らない友人の家に泊めさせてもらうかして、逃げる事をおすすめします。

 

《まとめ》

元彼から復縁を迫られた時の対処法と、元彼に対しての話し方や接し方についてまとめました。

元彼の性質やその時のシチュエーションによって、効果のある対処法は色々ありました。

1番してはいけない事は、あなたの気持ちが揺らがず復縁はしないと決めてるなら、元彼に対して曖昧に答えるのをやめる事です。

無理なら無理だとはっきり意思表示をしていきましょう。

しかし、ストーカー的な場合はまた対応が違ってくるので、間違った接し方をしない判断力を身につけておきましょう。