NG

彼氏から好きと言われたいけど言われない女性の特徴や行動パターンは?

付き合っていれば、彼氏から好きと言われたいのは当たり前ですよね。
好きと言われて嫌な思いをする女性はまずいないでしょう。

しかし、中には彼氏からの愛情表現がなく、寂しい思いをしている女性がいる事も事実です。

では、彼氏から好きと言われない理由はなぜなのでしょうか?

今回は、彼氏から好きと言われたいけど言われない女性の特徴や行動パターンについて、まとめました!

Sponsored Link

《女性側が好き好きアピールをし過ぎているパターン》

彼氏から好きと言われないので、愛されているのかが不安になってしまいます。

なので、逆に女性側から愛情表現を彼氏にすれば良いのでは?と思う女性もいるでしょう。

もちろん適度になら効果はありますが、これが過度になり過ぎると、余計彼氏は好きと言わなくなってしまいます。
というか言えなくなります。

男性は、猛烈な好き好きアピールをしてくる女性に対して引いてしまったりする事もあります。
そのせいで、彼女に対して好きと言えなくなってしまう事もしばしばです。

または、好きと言おうと思っていても彼女の方から言われ過ぎるので、彼氏の方から言うタイミングを逃してしまうという事も考えられます。

愛情表現の仕方も過度になり過ぎると独りよがりになってしまうので、このような行動をしてしまう女性は気をつけましょう。

 

《女性としての可愛らしさや魅力が感じられないパターン》

彼氏が「好きだよ」と言うからには、彼女の事を可愛い、愛おしいと思っていない以上、そのような言葉はとても言えません。

なので、彼氏から好きと言われない原因の1つとして、女性としての可愛いらしさや魅力に欠けている女性にありがちです。

付き合いが長くなるにつれて、彼氏の前でガサツになっていたりしていませんか?

よく男性から思われるのが、
「俺の彼女、最近おっさんみたいで全然魅力がないんだよ。」
と、おっさん化している女性です。

・あぐらをかく
・すぐごろ寝する
・お尻をかく
・平気でおならをする
・酒癖が悪い

など、文字で見るだけでも「THEおっさん」の特徴がズラリです。

どんなに彼氏に慣れても、このような事を平気でしてしまってはとても「好きだよ」なんて言われません。

彼女といてロマンチックなムードの欠片もありません。

彼氏が本当に愛想をつかす前に、早く気付いて改善しましょう。

 

《チャラそうな特徴がある女性は好きと言われない》

軽い女性と思われている場合、男性も真剣には付き合おうとしないので、愛情表現をダイレクトに伝えようとは思いません。

付き合ってはいるものの、彼氏は彼女の事を心底好きということではなく、単に体目当てで付き合っているだけかもしれません。

見た目が軽そうな女性は確かにいます。しかし、中身はそんな事ない女性もたくさんいます。

そう見られてしまう事は非常に損ですが、そのような場合は、自分は一途であるという事を態度で示していきましょう。

彼氏に理解してもらえれば、外見と内面のギャップに惚れられ、彼氏から好きと言われるかもしれません!

 

《彼女が彼氏にプレッシャーを与え過ぎているパターン》

「なんで好きって言ってくれないの?!」
「いつになったら好きって言ってくれるの?!」
と、彼氏に対してしつこく言っていませんか?

しかもヒステリックにガミガミ言われると、男性はだんだんストレスも感じますし、好きと言わなければいけないというプレッシャーがかかります。

これでは尚更言うタイミングを逃してしまうでしょう。

好きという言葉は言わせるものではありません。
自然に出てしまう言葉なのです。

草食系男子が流行っているように、なかなか思いを口に出せない男性もいる事でしょう。

そのような彼氏であれば彼氏の性格を察してあげて、好きと言われない事にこだわるのをやめましょう。

違うところで彼氏は愛情表現をしているはずですよ!

 

《まとめ》

彼氏から好きと言われたいけど言われない女性の特徴や行動パターンは?
についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

彼氏に対して裏目に出るような行動を、気付かないうちにしてしまっているかもしれない時は、即座に改善するようにしましょう。

そのままでは好きと言われないどころか、この先の関係自体が修復不可能になる事があります。

好きと言われない事は不安に感じたり自分に自信が持てなくなるかもしれません。

しかし、自信がないのなら持つ努力をしましょう。
何もせずにただ待っているだけでは彼氏はいつまでも言いません。

そして、魅力がない女性は好きとは言われません。

いかに彼氏にとって理想の女性であるか、魅力的な女性であるかが、彼氏から好きと言われる秘訣となる事でしょう。