彼女

彼氏から追いかけられたい!理想の彼女になるための3つのこと!

最近彼氏にあんまり相手にされていないな・・
付き合い始めと比べると、彼氏は素っ気ない態度になっている気がする・・

と、なんとなく彼氏との距離を感じる時があるとお悩みの女性はいるのではないでしょうか?

以前のように彼氏から求められ、追いかけられるようになる為にはどうしたら良いのでしょうか?

彼氏にもう一度振り向いてもらう為に、
自分を見つめ直してみませんか?

今回は、理想の彼女になるためにどうしたら良いのかをご紹介していきます!

Sponsored Link

《① イメチェンしてみる!》

ヘアスタイルやメイク、服装など、最近いつも同じになっていませんか?
男性は意外にも女性の見た目に関して、細かい所まで見ています。

これを機に、いつもと違う自分探しをしてみましょう!

例えば、ヘアスタイルだったらいつもと真逆の事をしてみます。

黒髪であれば、普段の生活に支障がない程度に茶髪にしてみたり、ロングヘアだったら彼氏の好みくらいまで切ってみたり、美容師さんと相談してはいかがですか?

 

自宅でも簡単にできる事はあります!
いつもはストレートヘアなのを巻いたり、アレンジを加えたり、ネットで調べればやれる事はたくさんあります。
髪を変える事はかなり印象が変わるものです!

メイクはがらりと変えるのは難しいかもしれません。
なので、アイシャドウの色を変えてみたり、リップやチークの色を変えてみるのも良いでしょう!

 

それに合わせて服装の色を合わせたり、
彼氏好みの服装にチェンジしましょう。

自分でどう組み合わせしたら良いかわからない場合は、ショップ店員さんに彼氏の好みを相談して、服の組み合わせを見立ててもらうのも一つの手です!

 

《② 手料理を振舞う!》

自宅に呼べなければお菓子でも構いません。
ランチが一緒にできるなら、お弁当を振舞っても良いでしょう。

彼氏に手作りの物を食べてもらう事で、女子力アップに繋がります!

スイーツ好きな男性は増えてきています。彼氏が甘い物好きであれば、手作りスイーツはポイントアップ間違いなしでしょう!

クッキーやカップケーキ、マドレーヌなどは定番ですが、常温での持ち運びも可能なスイーツ且つ簡単にできるので、お菓子作り初心者でもすぐに作れます!

 

少しグレードアップするなら、ベイクドチーズケーキやガトーショコラ、流行りのエッグタルトなども喜ばれます。

できたらベイクドチーズケーキやガトーショコラは食べやすいように、スティック状にして可愛く包装しましょう!

ご飯系男子な彼氏であれば、やはり料理となります。
理由があって自宅に呼べない場合は、休日デートのランチにお弁当を作ってみてはいかがですか?

彼氏の好きなおかずを事前にリサーチして、気持ちを込めて作りましょう!

ちなみに、男性が好きな定番のお弁当のおかずはこちらです!
・卵焼き
・唐揚げ
・バンバーグ
・メンチカツ
・生姜焼き

など、ガッツリ系のおかずです。
これにおにぎりやサンドイッチがあれば、言うことなしでしょう!

「こんなの作れるの?!いつのまに!」
と今まで知らなかった一面を見せることが大事です。
男性は胃袋を掴んだもん勝ちです!

 

《③ 普段から彼氏に愛情表現や感謝の気持ちを伝える》

長い付き合いになってくると、
「ありがとう」「ごめん」「好きだよ」
など、気持ちを伝えるということを忘れがちになってきます。

言わなくても伝わっているだろうは、どんなに長い付き合いでも相手には伝わってません。

察する事も大事ですが、きちんと言葉に出して言わなければいけない時はあります。

 

特に喧嘩した時など、つい意固地になってしまってごめんの一言が言えない人もいますよね。

その一言が言えなかったばかりに、すぐに仲直りできた事も長引いてしまうという結果になる事もあります。

帰り道送ってくれてありがとう。
重い荷物を持ってくれた時のありがとう。

私が悪かった、ごめんね。

ずっと大好きだよ!
これからもよろしくね!

 

など、照れくさいかもしれませんが、普段から彼氏に対して言葉で伝えるようにしましょう。

彼氏もそんな言葉があるだけで、彼女に対しての見方が変わってくるはずですよ。

 

《まとめ》

「彼氏から追いかけられたい!理想の彼女になるための3つのこと!」
についてご紹介致しました。いかがでしたでしょうか?

倦怠期やマンネリ化は、付き合い始めから数えて3ヶ月、3年目の時に起こりやすいと言われています。

そんな時期を乗り越える為に、自分が努力できる所はできる範囲でチャレンジしましょう!

何も行動しなければ現状キープ、または悪化してしまい最悪の結果になるかもしれません。

彼氏に追いかけられたいという気持ちを持っているなら、また振り向いてもらえるように自分を見直しましょう!