NG

彼氏から彼女への手紙で女性が重いと感じる内容や書き方は?

彼氏から手紙をもらって、嬉しくないと思う女性はほとんどいないでしょう。
しかし、それは手紙の内容にもよります。

手紙は間違った書き方をすると、相手にとって迷惑にもなりますし、重いと思われてしまいます。

そうならないために、彼女に気持ちがきちんと伝わる手紙を書きたいですよね!

今回は、彼氏から彼女への手紙で、女性が重いと感じる内容や書き方をご紹介いたします!

Sponsored Link

《現代の手紙の効果とは?》

携帯も電話もなかった時代は、手紙しか連絡を取る手段がありませんでした。

なので、手紙は当たり前の物で、普段何気ない事や心境を伝える時も、手紙でやり取りしていました。

しかし、今は伝達網が発達して、連絡は基本的にLINEやメール、緊急であれば電話を掛ければすぐにやり取りできます。

あえて手紙を使わなくても、言いたい事を伝えられる時代なのです。

だからこそ、大事な事を相手に伝えたい時は手紙にすると、物珍しさもあり、より気持ちを伝えられる事ができます。

この事から、今の時代カップル同士の手紙のやり取りは、特別な事を伝えたい時に効果が発揮すると言えるでしょう。

 

《こんな手紙はNG!重い!》

①単なる日記風の手紙
彼氏とデート中、帰り際に渡された手紙。
帰宅してから、何が書いてあるんだろうと1人で胸をときめかせながら開けて見ると、内容は彼氏の1日の出来事が綴られている手紙でした。

 

彼女からすれば、
「いやいや、こんなのLINEで良いじゃん・・」
「さっき会っている時に話せば良かったじゃん・・」

と、わざわざ手紙にするような内容ではないと思うでしょう。

また、これをLINEで返して良いのか、こんな内容の返事を手紙で返さなくていけないのかと、余計な悩みが生まれてしまいます。

このように、どうでも良い内容の手紙は手紙にするまでもなく、受け取った側はかえって重いと感じてしまいます。

 

②同じ言葉ばかり書いてある手紙
彼氏は彼女の事を好きすぎるあまりにこんな内容を書いてしまったのかもしれません。

「愛してる」「好きだよ」などの愛情表現の言葉が、便箋1枚びっしりと書かれている手紙です。

これを受け取った彼女は、彼氏の気持ちが重いと感じるのも当たり前ですし、恐怖すら感じる事でしょう。

手紙は単語だけを書き綴ると、相手に気持ち悪さや不快感を与えてしまうので、絶対にやめましょう。
完全にドン引きされます。

 

《③ 束縛が激しい内容》

「今何してるの?どこにいるの?
最近電話に出ないね。俺の事避けてるの?
俺は○○が大好きだから、全ての行動が知りたいんだ。
○○が側にいないと不安だ。いつも側にいて欲しい。
俺の知らない所で○○が他の男と話してるのかと思うと、イライラするよ。
ずっとこれからも俺だけを見ていて欲しい。」

 

なんて内容の手紙だったら、束縛が激し過ぎて重いと思いますよね。
破って捨てたいくらいです。

 

②でもそうですが、彼氏の思いが込められ過ぎていると、怖く感じてしまいます。

なんだかストーカーをされている気分になってしまい、窓を開けたらすぐそこにいるんじゃないかと、安心して生活できなくなりますよね。

こんな手紙を贈られたら、とりあえず彼氏と距離を置きたくなるか、別れた方が良いのか悩んでしまいそうです。

 

《④ 文章が詩やポエムのような内容》

「君にこの言葉を贈るよ」
と、彼氏が考えた、彼女への思いを込めた詩やポエムが手紙に書かれている内容です。

これをもらって嬉しい!と思う女性は数少ないはずです。
ほとんどの女性がドン引きし、重いと思うのではないでしょうか。

 

例えば、彼氏が詩人作家だったり、アーティストに詩を提供する仕事に就いているのであればまだ理解できます。

しかもそのような場合であれば、
「これ作ったんだけどどう思う?」
と、普通に聞いてきますよね。

わざわざ手紙として伝える必要があるのかという事から、彼氏が彼女に伝えたい気持ちは空回りしてしまう事でしょう。

ナルシストな彼氏に多そうな気もします・・。

 

《まとめ》

「彼氏から彼女への手紙で女性が重いと感じる内容や書き方は?」
のテーマでまとめましたが、いかがでしたでしょうか?

手紙はLINEやメールと違って、読んでいる時にこちらの意見はすぐに相手に伝えられません。

手紙で伝えたい内容が自分よがりな思いばかりだったり、不信感を与えてしまうような内容だと、誰でも重いと感じてしまいます。

なかなか手紙を利用しない時代だからこそ、手紙の必要性が昔と今とでは考えが違っています。

普段照れくさくて口に出して言えない事や、相手に対して労いや感謝の言葉などを手紙に書いて渡す事で、もらって嬉しい手紙となるでしょう。