プレゼント

ホワイトデーに彼氏から手作りクッキーをもらったら女性は嬉しい?

バレンタインデーのお返しのホワイトデーを楽しみにしている女性も多くいる事でしょう。

あらかじめ彼氏におねだりしている方もいますよね。
ホワイトデーも女性にとっては大切なイベントの1つなのです。

そんなホワイトデーのお返しですが、お返しが彼氏手作りのクッキーだったら、女性はぶっちゃけどう思うのでしょうか。

嬉しいのでしょうか。または微妙な感じになってしまうのでしょうか。

今回は、ホワイトデーのお返しに彼氏手作りのクッキーをもらった時、女性は嬉しいのかについて、ご紹介します。

Sponsored Link

《手作りクッキーはとっても嬉しい!》

彼氏からの手作りクッキーをお返しにもらって嬉しいと答える女性は多くいるでしょう。

大好きな彼氏が自分のために一生懸命作ってくれたのです。
嬉しくないはずがありませんよね。

どんな物でもそうですが、手作りには相手に喜んでもらいたい、美味しく食べてもらいたいという気持ちが込められています。

相手の事を思いながら心を込めて作っているので、やはり既製のものとは格段に想いが違います。

より相手に気持ちが伝わる事でしょう。

 

《いつも作らない彼氏だからこそ嬉しい》

いつもキッチンに立つなんて事をしない彼氏が、自らクッキーを焼くなんて事そのものが奇跡!

このような彼氏がホワイトデーにクッキーを作ってくれたら、最強のサプライズとなるのではないでしょうか。

予想外で心の込もっている贈り物は、非常に嬉しいですよね。

しかも、普段作り慣れてないので、苦戦したのかどうかは、そのクッキーの見た目や味でわかる事ではないでしょうか。

もちろん、見た目が悪くても味がイマイチでもどちらでも構いません。

自分の為に作ってくれたという彼氏の気持ちだけで愛情も感じられ、嬉しく思えます。

もうこれっきりで、彼氏は2度と作ってくれない物かもしれません。

そう思うと、なんだかもったいなくて食べられなくなってしまいますね。

それくらい驚きが隠せず、本当に嬉しい物と言えるでしょう。
味わって少しずつ食べていきたいですね。

 

《彼氏がパティシエなので嬉しい》

彼氏がパティシエ、またはパティシエの卵など、お菓子作りを専門としているなら、間違いなく嬉しいでしょう。

パティシエの卵でも、一般の素人と比べると知識も技術もありますし、断然美味しいです。

見た目や味の一工夫もされてたりして、もらった女性としてはとても満足なのではないでしょうか。

彼氏がパティシエだと色々メリットがありそうで良いですね。
もう他のお店のクッキーや市販のクッキーは食べれなくなってしまいそうです。

 

《彼氏に手作りは求めていない》

クッキーに限らず、男性が何か手作りするという事自体好きじゃない、引いてしまう、キモイという女性も少なくありません。

作ってくれた気持ちは嬉しいけど、男性には男らしさを感じたいと思っている女性は、手作りクッキーの効果はないと言えるでしょう。

このような女性にクッキーをあげるなら、ちょっと良いお店のクッキーを選んであげた方がよほど良いかもしれませんね。

せっかく作ってがっかりしてしまう前に、彼女の事をよく理解しておきましょう。

 

《手作りクッキーは重い》

彼女のために気持ちを込めて作ったのだから、当然喜んでくれるだろうと思う気持ちもわかるのですが、必ずしもそうとは限らない場合もあります。

受け取った側としては、その気持ちが重いと感じる事もあるようです。たとえ彼氏でもです。

少々淡白な彼女の場合だと、手作りクッキーは気持ちを込めてあげても、逆に冷められてしまうかもしれませんね。

このような場合も、既製の物を買った方が喜ばれそうです。

 

《フェアじゃないお返し》

バレンタインデーの時には、高級なチョコをプレゼントしたのに、私は手作りクッキー?!

と、あげた物とお返しがフェアじゃなかった時にがっかりする女性も少なくありません。

高級チョコを選んであげた場合だと、お返しが手作りでは価値が違うと思うのでしょう。

確かに手作りクッキーのコストは低価格で量産してできます。
高級チョコと比べると、全くコストは変わってきます。

「私ってそんなに安っぽく見られているの?」

と、見返りをフェアに求めている女性にとっては、ホワイトデーに彼氏から手作りクッキーをもらっても当然嬉しくないと思ってしまいます。

 

《まとめ》

ホワイトデーに彼氏から手作りクッキーをもらったら女性は嬉しい?
についてご紹介しました。

もらって嬉しい女性、嬉しくない女性、意見は色々ありました。

人間なので、気持ちの受け取り方や価値観は人それぞれで違います。

手作りクッキーをあげる彼氏側も、自己満にならないように考えなくてはいけませんね。

読んで頂き、ありがとうございました。