彼氏

30代で年下彼氏との結婚は不安?メリットやデメリットまとめ

年下彼氏を持つ30代女子の悩みどころ仕事か、結婚か・・・

 

年下の彼氏って、エネルギッシュで、可愛くて、でも、時にはどきどきさせてくれる瞬間もあって・・・付き合っていて楽しい!!自分も彼と同世代のような感覚でいられる!

 

なーんて、年下彼氏がいれば、こんなメリットがあるのでしょうか?

 

しかし、30代に突入すると、そろそろ気になるのは・・・結婚。私は仕事があるからまだ結婚なんて・・・と、言っていても内心気になっているのでは?友達の結婚式に参加するたび、あなたはまだ結婚しないの?と、毎回言われるようになりいい加減うんざりしたり、このままでいいのかしら?と、不安になったり。30代になると外野が騒がしくなります。

 

結婚はあまり興味がないけど、いつかは子供が欲しい・・・なんて思っていても、現実問題、出産適齢期なるものがあります。高齢出産になると、金銭的には余裕があるかもしれませんが、それなりにリスクが伴いますし、体力的にも厳しくなってきます。考えれば考えるほど不安が大きくなってしまいます。

 

しかも、キャリアを積み重ねてきた人ほど迷いも大きくなりますね。

 

結婚して、出産後も今までのように働けるのか?職場復帰する際、子供はどこに預けるか?待機児童問題があったり、運よく預けられても閉園時間があり、残業が出来ない、また子供が体調崩した際仕事を休まなければいけなかったり・・・と、問題山積み、不安だらけ、家族計画を立てようにも、お先真っ暗状態です。

Sponsored Link

 

年下彼氏はどう思っているの?

 

このような悩み、不安について年下彼氏はどう思っているのでしょう?

年下彼氏と結婚する際、デメリットとして挙げられることは、「家族計画に無頓着。」

関心がない訳ではないが、高齢出産や、待機児童問題などの問題は知っていても、まだ若い為、自分たちの問題として捉えない人が多いようです。

また、年齢の差が大きく開いているカップルで、本人同士はいい関係を築いていても、周囲の目、特に両親の反対の目、というどうしようもないデメリットもあります。

 

他には、お金がない。自分より稼ぎが少ない。というデメリット。これは年齢を考えれば仕方がないことで、20代男子はまだまだケツが青い!脂がのってくる30代からどんどん稼いでくることを期待しましょう。

 

あとは・・・女性にとっては、一番避けがたい痛~い現実。口にするのも嫌な、老化・・・

 

年下の彼氏と付き合っていれば、自ずとお肌のお手入れ、体形維持に力が入っているはず。

しかし、いくら頑張ったところで、年齢には勝てません。

 

老いによって、彼が若い女の子に目移りしないか不安になってしまいます。

 

・・・これは年下彼氏を持つ女性のデメリットというより、お肌の曲がり角にさしかかった全女性がぶち当たる大きな問題ですね・・・

 

デメリットばかり?メリットはないの?

 

年下彼氏との結婚はこんなデメリットしかないのでしょうか?

メリットはないの?付き合っていること自体、無駄な時間をすごしているの?と不安になってしまいます。

 

では、実際の歳の差カップルの例を挙げてみましょう。

 

・イチロー、福島弓子夫妻(8歳差)

・ジョン・レノン、オノ・ヨーコ夫妻(7歳差)

・ヒュー・ジャックマン、デボラ=リー・ファーネス夫妻(13歳差)

・小雪、松山けんいち夫妻(8歳差)

・染谷将太、菊地凛子夫妻(11歳差)

 

こうしてみると、夫婦揃って世界的に活躍されている方が多いですね。

 

年上女房は「金の草鞋を履いてでも探せ」という言葉があるくらいですから、敬遠されるどころか、引く手数多と言えるでしょう。男性にとっても、年上の彼女との結婚はこの上ないメリットがあるのではないのでしょうか?

 

また、出産後もバリバリ仕事を続けたい!という人にも、年下彼氏との結婚はメリットが大きいでしょう。結婚後、家計が女性上位でスタートし、出産によって仕事を辞めてしまうと、一気に家計が苦しくなりますので、仕事に復帰するときも、遠慮なく再開することが出来るでしょう。

むしろ、彼の方から「働いてくれ。」と頼まれるかもしれません。稼ぎが半分以下になると、自分だけで養っていけるのかと、先行き不安でしょうから・・・

 

また、男性の年齢が若いと、自分と同世代の男性と比べて体力があるので、仕事の後でも家事や育児を手伝ってくれる事も期待できます。

 

まとめ

 

自分を磨く努力を忘れずに・・・

こうしてみると、仕事を続けたい女性にとって、年下彼氏との結婚は非常にメリットがあるといえるでしょう。

結婚したら家庭に入りたいと思っている女性でも、彼をうまーく手のひらで転がし・・・ではなく、プロデュースして、自分を磨く努力を忘れなければいつまでもいい関係が続くのではないでしょうか・・・