トラブル

彼氏からハグしてくれない原因は?男性の本音や彼女に考えられる問題は?

たまには彼氏に甘えたい、ハグされたいと思う女性は多くいますよね。

キスよりも何よりも、彼氏にハグされる事が好きで、安心するという意見も多いくらいです。

しかし、彼氏からハグを断られたり、してくれなくて寂しい思いをしている女性もいるのも実情なんですよね。

なぜ彼氏からハグしてくれないのでしょうか?

今回は、彼氏からハグしてくれない原因は何なのか、男性の本音や彼女に考えられる問題についてまとめました!
ご覧頂けたらと思います。

Sponsored Link

《彼氏が照れ屋さん》

彼氏の性格上、愛情表現が薄くてシャイ、照れ屋さんだと、彼氏からハグを求めるのは難しいかもしれません。

このような男性にとってハグをする行為はとても恥ずかしい事で勇気がいります。

彼女からハグしてよと言われても、どのタイミングでどうやったら良いかもわからないので、彼氏自身戸惑っているのでしょう。

決して彼女の事が嫌いな訳でも、ハグをしたくない訳でもありません。

こんな彼の場合だと、彼氏からハグを求めるのではなく、彼女の方からハグして甘えてみた方が良いかもしれませんね!

 

《彼女を大切にしているから》

昔ながらの考えを持つ彼氏は、彼女の事を大切にしているからこそハグをしてこない可能性も考えられます。

彼女に対してハグやそれ以上の事を安易にするという事は、軽い男と見られると思っているのです。

なので、彼氏からハグされなくて嫌われているんじゃないかと悲しく思ってしまうかもしれませんが、このタイプの彼氏の場合は、逆に愛しているからこそ手を出さないと言えます。

大事に扱われている事を理解して、幸せに思いましょう!

 

《元々恋愛に対して淡白な性格》

元々スキンシップを取ることに対して意欲がない男性は、ハグしたいとも思わない傾向があります。

彼女と一緒にいれるだけで満足で、別に触れ合ったりしなくても気にしない、いわゆる草食系男子は最近増えていますよね。

彼女としては少々物足りないなと思ってしまう事もあるかもしれません。

しかし、このような男性も性格上の事なので無理に求めると嫌がられてしまいます。

この彼氏はそういう人なんだと理解する事も必要です。

 

《ハグに対してトラウマがあるから》

過去に彼氏がハグをしてきた時に、彼女や元カノから断ったり嫌がったりされた経験があると、それがトラウマとなってしまっている場合があります。

一度そのようなトラウマを覚えると、男性は傷ついてしまったり、意外にもナイーブな一面も持っています。

また、プライドが高い男性もいるので、やはりそのような思いをすると2度とハグなんてしないと思われてしまう事もあるでしょう。

彼氏から過去のトラウマが少しでもなくなってくれれば、このような問題も解決できることでしょう。

 

《彼氏が疲れている》

男性の本音として、疲れている時はハグしたいという欲が湧かなくなったりします。

特に仕事が多忙で休んでいなくて疲れている。
残業続きで疲労がたまっている時は、正直彼女に優しくできないですし、構うことすら鬱陶しく感じる事もあります。

自分にいっぱいいっぱいな時こそ、彼氏からハグをしてこないと言えるでしょう。

そんな時は彼氏をそっとしておいてあげる事が大切です。

彼氏の状況が落ち着いたら、今までスキンシップが取れなかった分彼女に甘えてくるはずです。

 

《彼女からのスキンシップが多い》

彼氏からハグしてこない原因として、常に彼女の方からしてくる事が多いからしないという事も考えられます。

いつも彼氏にぴったりくっついていたり、彼氏がするよりも先に彼女がハグしてしまうなど、彼氏がハグする隙を与えてないのかもしれません。

 

または、彼女からハグしてくるのが当たり前になってしまって、別に俺からしなくても良いやという変な安心感を持っている可能性もあります。

恋愛は駆け引きが必要です。
彼氏の事が大好きなあまり、彼女からハグし過ぎる事が原因で、彼氏からしてこなくなってしまうパターンもあるのです。

相手からの愛情表現を求めるのであれば、自分からの愛情表現はほどほどにした方が良いのではないでしょうか?

 

《まとめ》

彼氏からハグしてくれない原因は何か、男性の本音や彼女に考えられる問題はについてご紹介しました。

原因や男性の本音、問題など様々ありました。

彼氏からハグしてこないからと言って、彼女に対して気持ちがない訳ではありません。

彼氏の性格やハグに対しての思い、日頃の彼氏に対しての接し方などを考えてみると、なぜハグしてこないのか理解できるかもしれません。

彼女が改善できる事はした上で、あまりネガティブにならずに、気長に彼氏からのハグを待ってみてはいかがでしょうか?