トラブル

彼氏から離れる方法!上手に別れを告げるコツ5選!

何かのきっかけを境に、彼氏に対して気持ちが冷めてしまう事もあるかもしれません。

恋愛は必ずしも長続きするとは限らないものです。

彼氏とはもう付き合っていけない。
そう気持ちを固めたなら、せめて上手な別れ方をしましょう。

今回は、彼氏から離れる方法や、上手に別れを告げるコツについてご紹介していきます。

Sponsored Link

《①徐々に連絡を少なくする》

もう別れる事を決めたのであれば、その日から徐々に連絡のやりとりの回数を減らしていきましょう。

急に途絶えてしまってはいけません。
少しずつ減らすという事がコツです。

連絡の手段としてLINEやメール、電話が主だと思います。
最初のうちは、彼氏から来たものに対してなんとなく返します。

そのうちに返したり返さなかったりをケースバイケースでしていき、徐々にやり取りを少なくします。

最終的には、あなたから連絡するのをやめます。

彼氏がどのあたりで気付いてくるかにもよりますが、とにかく気持ちが冷めてきているという事を間接的に少しずつ伝えていく事がコツです。

 

《②予定をたくさん入れる》

デートのお誘いや、ご飯に行こうなど彼氏から誘われる事もあると思います。

別れる為に離れたいのであれば、あなたの毎日の予定を先に立ててしまいましょう。

仕事が溜まっていて帰宅後もやらなければならない。
習い事をし始めて通わなければならない。
友人との先約がある。
実家に行かなければならない。

など、キャンセルできないような予定を立てる、または架空の予定として作り上げる事がコツです。

彼氏が同じ職場など常に近くにいる場合であれば、友人や周りに協力してもらって、その予定が事実なんだというカモフラージュを一緒に協力してもらいましょう。

予定を入れられてしまったのなら、彼氏も何にも言えませんので、会う事ができなくなるでしょう。

 

《③彼氏のSNSを拒否》

LINE、Facebook、Instagram、Twitterなどをやっていれば、彼氏が友達になっていて観覧しあう事ができますよね。

彼氏から離れるには、SNSも手を打たなければなりません。

まずは拒否やブロックをして、観覧できなくしたり、SNSでの連絡のやり取りをできなくさせましょう。

または、もうSNS自体やめてしまってもいいなら、これを機会に退会してしまっても良いかと思います。

なんでやめたの?と聞かれたら、飽きてしまったからなど素っ気なく答えましょう。

これは、徐々に連絡を少なくするのと同時に行う事がコツです。

同時進行で行う事で、連絡を取る手段をダブルで避ける事ができ、彼氏にも別れの予兆を感じさせる効果を与える事ができます。

 

《④引っ越す》

彼氏のタイプにもよりますが、あなたに避けられているかもと気づき始めると、あなたの事を付け回したり、家に来たりするかもしれません。

あなたに固執している彼氏は、この先ストーカーにならないとも言い切れませんので、思い切って引っ越すのも1つの方法です。

この時のコツとしては、絶対にバレてはいけません。

引っ越す予定、不動産に行く事などが知られてしまえば意味がなくなってしまいます。

念の為に周りに言うのも、ごく僅かな親しい友人や家族だけにしておきましょう。

 

《⑤別れ話の場所はあらかじめ決めておく》

彼氏がちゃんと話を聞いてくれる、冷静に話す事ができる相手であれば、2人きりで話せる静かな場所を選びましょう。
彼氏の家でも良いです。

しかし、別れを告げる事で逆上したり、暴力をふるってしまうような危険性のある彼氏であれば、周りに人がいるカフェなど、騒がしくない程度で周りに人がいるような環境を選びましょう。

何かあった時にすぐに助けも求められますし、周りに人がいれば彼氏も暴力を振るいにくくなるからです。

どちらのタイプにしても、自宅に招く事はやめましょう。

暴力を振るうかもしれない彼氏と2人きりで密室になるのはもちろんNGです。

そうじゃない彼氏でも、なかなか別れを受け入れてもらえない場合も考えられます。

泣かれてしまったり、話が延々と伸びてしまい、一向に帰ってもらえないなどされると困るので、必ず自宅以外の場所を選びましょう。

 

《まとめ》

彼氏から離れる方法と上手に別れるコツについてご紹介しました。

彼氏と上手に別れるには、いきなり別れを告げるのではなく、徐々に別れの予兆を感じさせる事がコツです。

誰でもいきなりダイレクトに言われるよりは、ワンクッションあった方が心の準備ができるものです。

また、彼氏の性格で別れ方が変わりますので、彼氏の特徴をしっかり押さえて、ベストな別れ方を選択していきましょう。