プレゼント

元彼からいきなり連絡が来た!深い理由や意味がある?

別れてから音沙汰なかった元彼から、いきなり連絡きたら、びっくりしますよね。

別れ方が悪ければあまり良い気持ちにもならないかもしれません。

なぜ元彼は連絡なんてしてきたのでしょうか?

今回は、いきなり連絡をしてきた元彼の深い理由や意味があるのかについてまとめました。
ご覧頂けたらと思います。

Sponsored Link

《元彼の恋愛がうまくいってないから》

今の彼女と上手くいかない、なかなか意中の女性と交際に発展しないなど、女性関係が上手くいってなくて1人寂しい時に元カノに連絡する男性はいます。

昔の女なら話も聞いてくれるだろうと、わりと安易な気持ちで連絡をしてくるのが多いです。

元彼の恋愛が上手くいっていなくて、自信がなくなっている場合も同じです。

良い別れ方をしているカップルであれば、元カノに自分の良さを認めてもらう事で、自信がなくなっている自分を勇気付けてもらおうと思っています。

男性の友達じゃそんな恋愛話は小っ恥ずかしくて話せないので、あえて元カノに話してかまってもらおう、慰めてもらうとしているのでしょう。

 

《深い意味はなくお酒の勢いで》

お酒が入るとハイテンションになる人いますよね。

酔っ払いながら自宅に着き、ふと1人になった時に、酔いの力を借りてなんとなく元カノに連絡してしまう男性もいます。

なんとなくなので、よりを戻したいとか会いたいとか、そんな深い意味や気持ちはないです。

こんな連絡は、わりかし夜中や寝る前に来たりしますのではっきり言って迷惑な時間帯です。

連絡に気付かなくて翌日連絡し直してみたら、
「あれ?なんだっけ?なんでもない」と言われるパターンが多いです。

 

《誰か女性を紹介して欲しいから》

いきなり連絡してきた理由が、女性を紹介して欲しいからとは失礼な話ですが、現にそのような男性もいます。

こんな元彼は、元カノの事をなんでも聞いてくれる女としか思ってません。
よく言えば何かあった時の駆け込み寺といったところでしょうか。

元カノなら気兼ねなく無理言っても大丈夫という勝手な考えを持っているので、くだらない相談などもあるかもしれません。

そんな元彼に優しくする必要はありません。
むしろ、相手の気持ちを考える事ができない男性を友人に紹介するなんてしたくないですよね。

こんな連絡は聞き流してしまいましょう。

 

《お金絡みの相談をしたいから》

お金を貸して欲しいなどの金銭関係の相談をしてくる男性もいます。

先ほどの理由と似ていますが、このような男性もまた、元カノには何を言っても恥ずかしくないし気心しれているので、無理なお願いも聞いてくれるんじゃないかと勝手に思っています。

こんな元彼は元カノに対して、もう深い繋がりもないので安易に相談できる相手と思っているので、絶対にお金を貸したりしてはいけません。

まず貸したお金は戻ってきませんし、トンズラされるのがオチです。
このパターンの連絡も、聞き流しましょう。

 

《無性に元カノと体の関係を持ちたくなったから》

欲求が溜まってしまったけど、相手がいない。お金もなくてお店にも行けない。となった時に、ふと元カノが頭によぎる時も男性はいます。

ダメ元で連絡してみようかと、いきなり連絡してしまうんですよね。

しかも、その時の連絡はとても気さくで話し方も優しくて、この人こんなに感じの良い人だったっけ?と思わせるくらい演じます。

決してあからさまに相手してよなんて事は言いません。

他愛のない会話から初めてその場も和み、良い雰囲気も掴んだところで、
「これから久しぶりに会わない?行きたい店あるんだよ!美味いから行こう!」
と誘い出します。

この手口に乗ってはいけません。
単に都合の良い女になるだけなので、メリットもありません。

 

《別れてから気付いた契約解除などの手続き》

元彼と同棲していたり、携帯の名義を一緒にしていた場合など、相手の承諾がなければ契約解除できない時に、連絡をしてくる時もあります。

別れる時につい手続きするのを忘れていた場合には、委任状や署名捺印をして欲しいと書類を送って返送して欲しいなどのお願いがある事もあります。

事務的な内容の連絡であれば、快く承諾してあげて、元彼との関係を綺麗さっぱり清算しましょう。

 

《まとめ》

元彼からいきなり連絡がくる理由や意味は様々です。

ただ、元カノはなんとなくが通用する相手と思っている男性は少なくありません。

また、女性経験が豊富で慣れている元彼は、このように元カノの事を軽視する場合が多いと言えます。

そんな元彼と関わりたくないのであれば、きっぱり連絡してこないで!と言い切りましょう。

元彼からいきなり連絡が来た!深い理由や意味がある?
についてでした!
ご参考になれば、幸いです。