トラブル

元彼からの嫌がらせメールの対処法3選!一体どんな理由や心理?

別れた元彼から嫌がらせメールが来て悩んでいる女性もいるのではないでしょうか?

世の中には、モラハラ、ストーカーなど、女性に対して陰湿に当たったり、腹いせや嫌がらせを繰り返す男性が増加しているのが現状です。

嫌がらせメールも送り続けられると精神的に滅入ってしまうので、早急に対策をしていきましょう!

今回は、元彼からの嫌がらせメールの対処法と、元彼の理由や心理についてご紹介いたします。

Sponsored Link

《復縁したいのに叶わない》

「誰よりも愛しているのになんでわかってくれないんだ!」
「こんなに想われているのにお前は気付けないのか!」
「お前は女としてクズだ!」

など、まだ元カノに対して未練があり、復縁したいのにその願いが叶わない時にこのような嫌がらせメールを送ってきたりします。

こちらの気持ちは完全に無視状態なので、一方的な感情をむき出しにしています。

このように、自分の都合が悪くなると全て相手のせいにするモラハラ元彼は非常に陰湿で、支離滅裂な事を言いたい放題言ってくるので厄介です。

 

《別れた時の恨みが消えない》

元彼にとって嫌な別れ方をされた時など、その時の腹いせを別れてからし続けるタイプの元彼です。

別れ方の例として、
・話し合いがきちんとされずに別れる事になった。
・元彼がまだ別れる事に納得していない
・元カノに二股をされて別れる事になった

 

など、こちらも元彼にまだ未練があったり、屈辱的な別れ方をした、恨み辛みを拭い去る事ができないのような別れ方で、きちんと清算されていない時に起こり得ます。

憎しみが強い場合は、嫌がらせメールだけにとどまらず、後をつけてきたり待ち伏せしたりと、元彼がストーカー化する可能性もあり得なくないので、かなり注意が必要です。

 

《元カノの幸せを喜べない》

風の噂で、元カノに新しい彼氏ができた、元カノが出世した、結婚したなど、幸せな暮らしをしている現実を知った時に、それを受け入れる事ができずにいると、嫌がらせメールをしたりする元彼もいます。

元彼自信、恋愛が上手くいってなかったり、恋愛以外の物事全般も不調な時こそ、
「なんであいつばかり!俺は全然楽しくない!」
と、悔しさでいっぱいになるのです。

とても幼稚で心の狭い身勝手な考えの男性に見られがちなケースです。
何事も1番じゃないと気が済まないのでしょう。

 

《対処法① モラハラ元彼の場合》

モラハラ元彼は陰険で陰湿に嫌がらせをするので、直接女性に危害を加えたりはしません。

嫌がらせメールや手紙など、間接的に攻撃してくるので、まずはメールアドレス変更をして、元彼のメールアドレスも個別に拒否しましょう。

さらに、SNSなどのメッセージなども受信できなくするようにして、完全に連絡を受け取れなくすれば、嫌がらせメールや連絡は途絶えることでしょう。

モラハラは、暴言を吐かれてもその言葉に乗っかって対等に返してはいけません。

火に油状態となり、余計嫌がらせがヒートアップしてしまいます。

モラハラ元彼は自分の考えが正しいと思っているので、嫌がらせメールも嫌がらせとは思っていません。

冷静に拒否して対応していく事が鉄則です。

 

《対処法② ストーカー元彼の場合》

嫌がらせメールでは足らず、待ち伏せしたり、自宅に押し掛けてきたりが始まると、ストーカー化してしまってると言えます。

緊急事態になる事も考えられるので、まずは警察に連絡しましょう。
さらに、引越しができるならそれも検討しましょう。

それまでは、元彼が知らない友人の家に泊めてもらうか、近くに実家があるなら一時的に住んだり、とにかく1人にならないように避難しましょう。

ストーカー元彼もまた、モラハラと似ている所があり、悪いことをしているという感覚は全くありません。

むしろ愛しているからこその行為で愛情表現なんだ!と肯定しています。

事件になる前に、身の安全を確保しましょう!

 

《対処法③ 弁護士に相談する》

嫌がらせメールがひどくて精神的苦痛を強いられているのであれば、警察に相談はもちろん、弁護士にも相談してみてはいかがでしょうか。

依頼するしないは後から考えれば良いので、とにかく相談しに行って、法律的にアドバイスを受けたり、法的処置を行う事ができるのかの知識を得ると、精神的な強みにもなります。

今はこのような元彼からの嫌がらせに悩む女性が大変増えているので、そのような案件に詳しい弁護士もたくさんいます。

事務所に行く事が難しければ、女性の為の法律無料電話相談という機関もあるので、そのような所に電話して聞いてもらうのも1つの方法です。

 

《まとめ》

元彼からの嫌がらせメールは、内容や頻度によれば本当に精神的苦痛なものとなります。

そして、そのような行為をする元彼とは、話し合いが通じない事も頭に入れておきましょう。

話しが通じる相手なら、そんな嫌がらせは最初からしません。

自分の身に危険が迫る前に、家族や友人、警察、公的な対策をしていきましょう!

元彼からの嫌がらせメールの対処法3選!一体どんな理由や心理?
についてご紹介いたしました。