彼氏

彼氏が敬語を使う時の心理や理由は?彼女に問題があるの?

お互いの気持ちを伝えあって、やっと付き合う事ができ、まさに幸せの絶頂の2人!
1番ラブラブな時期と言っても過言ではありません。

またはそれなりに時間を重ね、お互いの事も分かるようになり、自然体で付き合えるようになったカップル。

世間には様々なカップルが存在しています。

しかし、気になる事が1つ。
「彼氏が私に対して敬語ばかり・・どうして?」
と、彼氏に対して疑問に思っている方はいませんか?

なぜ彼氏は彼女に対して敬語を使うのでしょうか?何か彼女に問題があるのでしょうか?

ここでは、彼氏が彼女に敬語を使う時の心理や理由、彼女に問題があるのかをまとめていきます!

Sponsored Link

《彼氏が彼女にまだ打ち解けていない》

恋愛経験が豊富で女性慣れしている男性は、こんな事はあり得ません。
むしろ、初対面から馴れ馴れしくタメ口を聞いてくる事でしょう。

きっと彼氏は真面目で女性慣れをしていないのではないでしょうか。
交際自体が初めてなのかもしれません。

付き合ったものの、女性慣れしていないのでどう接して良いのか、どう話せば良いのかわからないのです。

彼女の事を想うが為、相手に失礼にならないように敬語を使っている事があります。
ようするに、彼氏なりの優しさと、愛情表現の心理だと言えます。

 

《敬語が当たり前の生活、家庭環境》

彼氏にとって、敬語が普段から使っている言葉遣いなのであれば、彼女に限らずどこでも敬語になります。

基本的に敬語とは、目上の人に対して使う言葉です。
しかし、家柄がとても良かったり、おぼっちゃま扱いで育ったような家庭環境だと、小さい頃から親も兄弟も親戚も皆敬語で話している家庭もあります。

幼稚園や学生期も良いところに通ったのかもしれないので、友達同士とも敬語で話していたかもしれません。

そんな家庭環境であれば、必然的に敬語が当たり前になり、逆にタメ口で話すという概念がないのでしょう。

このような理由なら、決して彼女に対して悪気があっての事ではありません。

 

《彼女に対しての当てつけ》

または、敬語を使うと理論的で知性のある人間と見られる傾向があります。
それを利用して彼氏は、
「お前より俺の方が大人で知性がある。幼稚なお前とは違う。」
と、見せたいだけかもしれません。

喧嘩中に敬語であれこれ言われると、言われた側はその態度に非常に腹が立つので、ついカーッとなってしまうでしょう。

言い返せば言い返すほど鼻で笑ったかのようにあしらわれるので、結局解決になりませんし、彼氏は謝る気がさらさらありません。

結局彼女が折れて解決という事になるよですが、1番幼稚なのは彼氏です。
このような陰湿なタイプの彼氏は、この先もずっとこのような事が起こる可能性があります。

彼女がよほど大人か、心が大きく広い人でなければ付き合っていく事が不可能です。

 

《彼女と一歩距離を置いて付き合いたい》

敬語を使うと、よそよそしい言い方に聞こえたりしませんか?
感情がないというか、他人行儀というか。

このように、敬語には相手と一歩距離を置きたい時、これ以上は深入りしないと決めた時に使う傾向があります。

最近彼女に対して興味が薄れていたり、冷たい態度を取られる事が頻繁に起こっていたら、彼氏は彼女と一歩距離を置いて付き合いたいと思っている可能性があります。

そんな時には、もしかしたら彼女に何か原因があって、彼氏自身嫌な思いをしているのかもしれません。

理由を直接聞く事は非常に勇気がいる事ですが、そのまま放っておいても溝が埋まる事はないので、彼氏ときちんと話し合って解決させましょう。

 

まとめ

今回は、「彼氏が敬語を使う時の心理や理由は?彼女に問題があるの?」
についてご紹介いたしましたが、いかがでしたか?

目上の人に対しての敬語は当たり前の事なので不信に思いませんが、彼女に敬語を使うという事は、様々な深層心理や理由があります。

普通の女性なら、基本的には普通にタメ口で話して欲しいですし、気を使わずに自然体で付き合っていきたいものですよね。一緒にいても楽しさが半減してしまいますからね。

徐々に彼氏に伝えていってあげて、
「私の前では気楽になってね」と、彼氏を打ち解けさせてあげましょう。

しかし、彼女に対して意固地になる彼氏は良くありません。
たまにモラハラな男性によくある事ですが、彼女を支配下に置こうとする心理が働くと、無意味に敬語を使うようになって自分を正当化しようとします。

このような男性の場合、直るものではないので見切りをつけて、別れてしまった方が良いでしょう。後々、彼女が辛い目に合います。

もしも彼氏が敬語を使ってきたら、彼氏の様子をきちんと見極めて、良い意味での敬語なのか、悪い意味での敬語なのか彼氏の心理や理由を判断しましょう。