トラブル

彼氏からお金を貸してと言われた時の対処法4選!

あなたは彼氏からお金を貸してと言われた事はありますか?

レジの前で「あと10円ある?100円ある?」と、端数の小銭を求めるくらいなら構わないと思います。

しかし、世の中にはお金にだらしない男性がいるのも事実です。

浪費家、ギャンブル好き、消費者金融から借りる癖がある。
このような男性との交流は避けたいものです。

もしも彼氏からお金を貸してと言われたらどうしますか?
もちろんすぐにOKはしないでしょうが、何と言ったら良いのでしょうか。

今回は、彼氏からお金を貸してと言われた時の対処法をご紹介します!

Sponsored Link

《対処法① まず話を聞く》

急にお金を貸してと言われて、はいどうぞと渡す彼女はそうそういないでしょう。
もしそんな女性がいたら、彼氏から即効ヒモ扱いされますのでご注意下さいね。

彼氏の為になってあげたいと考える気持ちはわかりますが、お金に対しては慎重に判断しましょう。

 

金の切れ目は縁の切れ目と言われるほど、金銭トラブルとなった時は、2人の仲が修復不可能になる可能性があります。

まず、なぜお金を貸して欲しいのか。
言われた額が高額であれば、請求書や本当の話なのかの証拠を見せてもらうなどして対処しましょう。

決してそのままATMに走ってはいけません!

 

《対処法② 理由が飲み代やギャンブルに使う為だった時》

このような理由を正直に打ち明けて彼女から借りようとする男性は少ないかもしれません。

悪いという事はわかっているはずなので、本当に借りる時は嘘をつくでしょう。
ですので、万が一正直に言ってきた場合の対処法です。

これは絶対に貸してはいけません。
この手のタイプに一度貸してしまうとまず返ってきませんし、癖になるので何度もせびってきます。

 

また、彼女だからという甘えから歯止めが効かなくなる可能性があります。
そうなってしまうと、彼氏にとって彼女ではなくATMという存在になってしまいます。

ここは彼女としてピシャリと拒否をし、そんな事はもうやめてと言いましょう。

彼氏にギャンブルをやめてもらう事、飲み会は減らしてもらう事を約束してもらい、出来なければ別れるくらい圧力を与えても良いでしょう。

 

《対処法③ 生活費が足りなくて貸してと言われた時》

②で挙げた場合にこの理由を言われる時もあります。
本当に生活費が足りなくて言う時もあるでしょう。

しかし、どちらにしてもだらしない男に変わりはありません。
同情してすぐに貸してはいけません。

計画的にお金を使えずやりくりができない男性は、浪費癖がある場合が多いです。
お金を貸す事は簡単ですが、彼氏の為になりません。

 

まずは、単発で稼げるバイトがないか求人情報を一緒に見て探しましょう。
彼氏が乗り気じゃなくても探しましょう。

彼氏にはお金を稼ぐ事の大切さと、借りれば良いやという、貸し借りに対して軽々しく思う考えを正さなければいけません。
彼女として、それが彼氏に対しての優しさでしょう。

そんな彼女の思いが届かない彼氏であれば、それまでの男です。
一緒にいても苦労するだけなので、こちらから見切りを付けましょう。

 

《対処法④ お金を貸してしまった時》

もしもお金を貸してしまった場合は、必ず借用書にサインしてもらうようにしましょう。

金額が高ければ高いほど、それは必ず必要となります。
何かあった時に証拠がなければ無かった話になってしまいます。

彼氏にも、人からお金を借りるという事はこんなに重大な事なんだという意味を理解してもらう為にも、必ず書いてもらいましょう。

 

借用書には、
・貸りる側の名前、住所、捺印
・貸す側の名前、住所、捺印
・貸した日にち
・いくら貸したか
・返す期日
・借用書を作成した日にち

を書きます。これに加えて証人もいれば尚良いでしょう。
証人がいる場合は、証人の名前、住所、捺印をしてもらいましょう。

自作した借用書なので、法的に効果がある訳ではありません。

 

しかし、トンズラしてしまいお金が返ってこなかった!なんて金銭トラブルになった場合は、証拠として使用する事ができるので、何もないよりは良いでしょう。

後々法的手続きをとる為の証拠となるので、大事に取っておきましょう。

 

《まとめ》

「彼氏からお金を貸してと言われた時の対処法4選!」
についてご紹介致しましたが、いかがでしたでしょうか?

お金の貸し借りは信頼関係に関わる事です。
例え彼氏彼女の間柄であったとしても、慎重にならなければいけません。
これは友人でも夫婦でも身内でも同じです。

金銭トラブルはそれまで良好だった関係を、いとも簡単に崩してしまいます。

彼女に対して簡単にお金を貸してと言ってくる彼氏には、それくらいお金は怖いものなんだ、貸し借りは信頼関係を無くすという事をよく理解してもらう必要があります。