トラブル

元彼が同じ職場の時の対処法!気まずくならない接し方話し方5選!

恋人が同じ職場で働いていた時、職場に行くのも仕事中も幸せだったのに、別れてからは同じ職場というだけあって、話すのも接するのも本当に気まずい!もう嫌だ!と思うような職場恋愛をした方も沢山いると思います。

毎日同じ職場で関わる事が多い分、職場恋愛をする人が多いのも当然ですよね。

 

しかし別れてしまった後、どんな風に元彼と職場で関われば良いのか、難しいですよね。自分たちが険悪なムードになってしまったら、とにかく職場の雰囲気も悪くなってしまいます。

そのような、元彼と同じ職場の時に使える、元彼と気まずくならない話し方や接し方を紹介しようと思います。

一日の大半の時間を元彼と同じ職場で過ごすには、話し方や接し方ひとつで、一日が大きく変化します。

職場でのお互いの関係がぐっと良いものになれるように変えてみましょう。

Sponsored Link

元彼が同じ職場の時の対処法はこれ!

 

とにかく最善の対処法としては、付き合う前と同じような、仕事上の関係で関わる事です。

あくまでも職場であり、自分たちも社会人です。

周りの人たちに迷惑をかけるような事は、当然してはいけない事は承知の上ですよね。

どんなに嫌でもどんなに辛くても、今まで通り仕事上の関係として関わっていく事が一番の対処法です。

 

もっと良い対処法にする為の方法として、別れたその日に、これからの職場内でのお互いの話し方や接し方を話し合い、二人で決めてしまう事が一番良い方法です。

二人で決めてしまう事で、元彼にあとから嫌味を言われたり、無視され続けたり、陰でブツブツと言われる事も無くなりますので、しっかりと割り切って仕事に取り組むことも出来ます。

元彼とひたすらお互いを避けあうような事も防げますし、何より元彼と気まずくならずに話をしたり接する事が出来る事に繋がります。

 

かといって、仕事以外の話や、元彼とのプライベート話は職場内では禁物です。

相手の事を「元彼」という認識で関わっていると、自分ではそんなつもりでなくても、周りから見た時に、元彼との接し方や話し方が、皆への接し方や話し方とは違うと誤解されてしまう事が多いためです。

ですので、別れた後は元彼ではなく、一人の仕事仲間・職場の人間という認識にした方が、自分にとっても周りの人にとっても、結果的に良い形であると思います。

 

また、職場恋愛で別れを選択するという事は、別れた後のお互いの関わり方にものすごく影響が出てしまうものです。

付き合う前に職場恋愛をする覚悟と、万が一別れてしまった時の事を考え、ある意味責任を持って付き合い始めるべきなのかもしれませんね。

 

気まずくならない話し方として、もう一つ大切な事は、敬語を使って話をするという事です。

敬語を使って話す事で、自然と元彼に対する接し方も、他の人に接する時と同じような接し方になりやすいためです。

元彼に対して怒りや恨みなどの気持ちがある場合には、意識していても話し方や接し方に表れてきやすいものです。

そのような感情の表れも防ぐためにも、敬語で話をする事は良い方法かと思います。

 

気まずくならない話し方・接し方5選!

 

1.敬語で話をする

2.仕事上だけで会話をしたり関わったりする

3.ばったり会っても、偶然二人きりになっても動揺しない

4.元彼と別れたその日に、職場でのお互いの接し方や話し方を決める

5.お互いを仕事仲間として壁をなくし、お互いの事を受け入れる

 

職場以外でも、偶然レストランやカフェで会ってしまったり、エレベーター内で2人きりになってしまったりと、どんな事があっても不思議ではありません。

そんな思わず動揺してしまうような場面に出くわしても、凛とした態度で普段通りにいる事が出来たらかっこいいと考えてみて下さい。

反対に元彼を動揺させちゃうような、芯を強く持った女性になる事が一番気まずくならない方法かもしれません。

 

まとめ

職場恋愛をすることは、意外にも大変な事でした。

同じ職場でなくても、別れた元彼と会ったり話をしたりする事は、お互いに気まずくなってしまう事です。

一番良いのは、別れた後もお互いの関係が、恋愛とは別の形として良い関係でいられる事ですよね。

けれど別れてから、別の形で良い関係でいられる人たちばかりではありません。

別れた後に元彼となかなか良い関係になれそうもない時は、お互いの話し方や接し方を二人で決め、公私混同しないよう、仕事に集中出来るような形を作るようにしてみて下さい。

元彼が理解できないような人であったら、自分だけでも元彼に敬語を使って話をしたり、接する時は凛とした態度で接すれば、気まずい気持ちが無くなりやすいです。

色んな気まずさに負けず、別れを決意した分、割り切って思いっきり仕事に取り組んでみて下さい。