トラブル

彼氏から疲れたメールが来た時の返し方や対処法3選!

彼氏から「疲れた」という内容のメールが来た時、どう感じますか?

疲れたには2つの意味があります。
身体的に疲れている。
彼女に対して疲れている。

どちらかの意味になると思いますが、これらのメールが来た時に、あなたならなんと返しますか?

今回は、彼氏から疲れたメールが来た時の返し方や対処法についてご紹介いたします!

Sponsored Link

《彼氏自身の事で疲れている時》

仕事、体力、悩み事、体調、様々な理由で彼氏が疲れている場合に、疲れたとメールをしてくる時ありますよね。

この時男性は癒されたいから、疲れている自分を理解して欲しいから彼女にメールをします。

意外に男性はメンタルが弱いので、悩みを1人で解消できないという傾向があります。

 

・対処法①
彼氏が彼女と連絡を取りたい気持ちでいるなら、彼氏の疲れている悩みの種をとことんメールで聞いてあげましょう。

返し方としては、彼氏のいう事を批判せず、
「うんうん、そうだよね」
「それは辛かったよね」

と、彼氏の気持ちに賛同してあげる事が対処法の1つです。

しかし、彼氏が疲れすぎていて連絡はとりたくないようであれば、
「今日は本当にお疲れ様でした。今夜はゆっくり休んでね。ちゃんと眠れますように。また明日ね、おやすみ!」

と、労いの言葉を述べて、その日の連絡はおしまいにしましょう。

後日話を聞いて欲しければ彼氏から話してくるはずです。

彼氏自身の事で疲れている時は、その時に彼氏がどうして欲しいのかを察してあげ、その通りに接してあげましょう!

 

《彼女に対して疲れている時》

彼氏が彼女に対して疲れたとメールで来た場合、早急に返信しなければ彼氏との溝はどんどん深まってしまい、最悪な結果を迎える事になり兼ねません。

付き合っていくうちに彼女に対して我慢してきた事が限界となり、耐えきれなくなった時に、男性は別れても良い覚悟でこのような事を言う傾向があります。

少しでも彼氏の気持ちが変わるように修復させ、早急に対処していかなければなりません。

しかし、対処法もその時の彼氏の状況に合わせていかなければ逆効果になってしまうので、どんな対処をしていったら良いのか、慎重に判断していきましょう。

 

・対処法② まず彼氏の話をきちんと聞く
彼氏がメールに応じてくれるなら、彼氏の言い分や気持ちをきちんと聞きましょう。

聞いた上で、異論がなければ誠意を持って謝りメールを送りましょう。
この時、ただ単にごめんねでは済まされません。

メールの内容や返し方としては、
・今まで何が悪かったのか
・どれだけ彼氏を困らせていたのか
・どれだけ不快にさせていたのか
・気付かずにいた事の謝罪
・これから改善していく努力をする決意表明
・彼氏への想い

をまとめて理解してもらえるように送りましょう。

誠意を持って返信する事で、彼氏はもう一度チャンスをくれるかもしれません。

チャンスをくれた時は、メールで返した改善策を必ず実行し、努力する姿を見せていきましょう。

 

・対処法③ 一旦距離を置く
彼氏がメールのやり取りに応じなく、彼氏の気持ちも聞けない場合は、無理に聞こうとすればするほど逆効果になります。

このような状態の時は、一旦連絡するのをやめましょう。
メールを送り続けてもしつこいと思われます。

返し方としては、
「わかったよ。たくさん嫌な思いをさせてしまってごめんなさい。
もしも、きちんと理由を聞かせてもらえるなら◯◯が話せる時にいつでもいいから連絡下さい。
それまでずっと待ってるね。本当に、ごめんなさい。」

 

と、まず第一に謝罪をします。
そして、彼氏の都合で構わないから、どのような理由で疲れたと感じているのか教えて欲しいので連絡を下さいとの思いを伝えましょう。

最後に彼氏の連絡を待ち続けるという意思表示と、改めて謝罪をします。

一旦距離を置いて連絡するのをやめる事で、彼氏も冷静になって考えるでしょう。

距離を置くという事は賭けでもありますが、自然消滅とさせない限りは何らかの形で連絡が来る事でしょう。

 

《まとめ》

彼氏から疲れたメールが来た時の返し方や対処法3選についてご紹介いたしましたが、いかがでしたでしょうか?

彼氏自身の事で疲れていた時は、徹底的に心の支えとなってあげる事で、彼氏のメンタルも安定し、解決できます。

しかし、彼女に対して疲れたとメールが来た場合で、尚且つ話し合いたくない場合は、問題です。

彼氏を問い詰めるのではなく、彼氏の気が済むまで1人にしておく事が重要となります。

彼女にとってはその時間が非常に不安でたまらないとは思います。

しかし、彼氏をそうさせてしまった事を彼女自身も反省して、距離を置いてる間に自分を見直す努力をしていきましょう。