トラブル

彼氏から友達に戻りたい時のコツや言い方はある?

彼女とはもう付き合えない。
でも嫌いになった訳じゃない。
これから先も、友達として付き合っていきたい。

「彼女を傷付けないように言いたい。」

と、彼氏彼女の関係を解消して、彼女と友達に戻りたい時には、いかに彼女の事を傷付けないように言おうか悩むのではないでしょうか?

今回は彼氏から友達に戻りたい時のコツや言い方についてまとめましたので、ご覧頂けたらと思います。

Sponsored Link

《単刀直入に伝える》

彼女に友達に戻りたいという説明する場合は、きちんと気持ちを整理した上でストレートに話しましょう。

別れる結果にはなるけど、友達としては関係を崩したくないと思っているので、曖昧にまどろっこしい言い方をすると納得してくれません。

なので、なぜ恋愛関係としては続けられないのか。
どうして友達としては付き合っていきたいのかを、きちんと誠実に彼女に説明する必要があります。

少しでも傷付けないコツとしては、彼女のどんな所を認めているか、尊敬しているかを伝えてあげましょう。

別れたい、けど友達でいたい。この説明が彼氏自身きちんと整理できていなければ、
「ただのキープじゃないの?」
と思ってしまい、余計話が進まなくなる事もあります。

彼女に理解してもらえる言い方を、きちんと考えて説明しましょう。

 

《彼女の回答をすぐに求めない》

いきなり友達に戻ろうと言われて良いよと即答する彼女はまずいないでしょう。

彼女も言われてから受け入れるまでにかなり悩むでしょう。
結局納得できず、復縁を迫るかもしれません。

なので、友達に戻ろうと伝えてから回答を聞くまでは、しばらく時間がかかる事も、話し合いが何度かあるかもしれないという事を想定内と考えておきましょう。

彼氏側の気持ちは固まっていても、彼女は未練も情も残ったままです。

彼女がきちんと受け入れ事ができるのが先か、時間が解決するのが先か、とにかく彼氏は待つという事がコツです。

 

《思いを伝える時は必ず会って話す》

彼女になんとか気持ちをわかって欲しいのであれば、メールや電話で済まそうと考えてはいけません。

彼氏もこの決断をするまでかなり悩んだと思います。
彼女に伝えるのも、勇気がいる事でしょう。

しかし、一番落ち込むのは突然言われた彼女です。
結局どのような言い方をしても、どちらにせよ傷つきます。

なので、彼氏はそれ以上に誠意ある対応をしていかなければなりません。

せめて最低限会って話すくらいの事はしましょう。会って話す事で、彼氏の本気さと誠実さもまだ伝わります。

友達に戻りたいと思うのであれば、決して逃げてはいけません。

 

《彼女に優しくしない》

彼氏から友達に戻りたいと言われて、彼女は泣いてしまうかもしれません。

そんな時に、彼女に対して変な優しさはいりません。
この時の優しさとは、

・彼女の事を抱き締める
・頭を撫でる
・手を繋ぐ

など、彼女を慰めようとして恋人同士がするような事をしてはいけません。

このような行為をすると、彼女はまだ恋人関係でいれるんじゃないかと期待をもってしまいます。

かえって酷な事をしています。
これは決して優しさではありません。

そして、それまで誠実に対応した事も、きちんとした説明も全て水の泡となってしまうでしょう。

また、最後にこのような行為をする彼氏は、罪悪感から逃れようと自分を守る気持ちの表れでもあります。

そして、傷付けない自分を演じるのはやめましょう。

本気で彼女を傷付けさせたくないのであれば、きちんとした説明だけで十分なのです。

 

《友達になる事を理解してもらえたら》

彼女に友達に戻る事を理解してもらえてからの付き合い方は、まず最初のうちは2人で会う事はやめましょう。

お互いが通じる友達と、グループ行動をするのをおすすめします。

また、連絡をとるのも最初のうちは控えましょう。

彼氏彼女の関係と友達の関係では、やはり一線おいた付き合いをしていかなければなりません。

彼女が友達に戻ることを理解してくれたとはいえ、内心まだ気持ちは彼氏にあり、恋愛感情を捨てきれていない場合が多いにあります。

まずは友達として距離を保ちつつ付き合う、これが良き友人として、これからも付き合っていくコツと言えるでしょう。

 

《まとめ》

彼氏から友達に戻りたい時のコツや言い方はある?
についてご紹介しました。

どんなに仲が良かったカップルでも、ある日を境に恋愛感情がなくなる時はあります。

それでも友達としてこれからも付き合っていきたいと考えているなら、

・きちんとした気持ちと説明の仕方
・わかってもらえるような言い方
・納得するまでの時間を要する事
・期待させるような素振りは見せない事

を重視して、彼女に伝えましょう。