彼氏

彼氏から誕生日メールの返信の内容で彼が絶対喜ぶ書き方とは?

一年に一度の誕生日。
彼氏から誕生日メールが送られてきたら素直に嬉しいですよね。

彼氏からの誕生日メールは、友人よりも両親よりも、誰からのメールよりも幸せに感じるものです。

そんな彼氏からの誕生日メールの返信ですが、彼氏は彼女からどんな内容の返信だと喜ぶのでしょうか?

今回は、彼氏からの誕生日メールの返信内容や、彼氏が喜ぶ書き方についてご紹介いたします!

Sponsored Link

《彼氏からきたメールの書き方に合わせて返信する》

相手が喜ぶ返信をするには、相手が送ってきたメールの書き方に合わせて返信をしましょう。

今回は彼氏からの誕生日メールの返信なので、彼氏がどのような誕生日メールを彼女に送ったかによります。

長文で誕生日メールが来たなら、彼女も長文で返しましょう。

短文で来たなら、彼女も一言短文で返しましょう。

 

逆な書き方で返信してしまうと、相手にとっては不愉快に感じる場合があります。

例えば、長文で誕生日メールを送った理由として、その内容は単に誕生日おめでとうではなかったはずです。

普段口に出して言えなかった彼女への思いや、感謝の気持ち、将来の事などが事細かく書いてあったのではないでしょうか?

 

そのような気持ちある誠実な誕生日メールを送ったにも関わらず、彼女の返信が
「誕生日メールありがとう!」だけでは、彼氏からすると
「え、これだけかよ」
と思ってしまいます。

 

逆に、短文で一言のメールで「誕生日おめでとう!」と来た場合に、お礼の返信を長文でしてしまうと、別に彼氏はそこまで求めてないと思ってしまい、
「重い返信メールだな」
と感じてしまいます。

誕生日メールの返信をする時は、彼氏がどのような内容で送ってきたかを考え、長さも短さも彼氏に合わせて返信すると、喜ばれるメールとなります。

 

《素直に嬉しい気持ちを伝える》

彼氏から誕生日メールをもらって、嫌な気分になる人はほぼいないでしょう。

ですので、彼氏に返信する時も素直に嬉しかった気持ちを伝えましょう。

 

例えば、
「誕生日メール見たよ!本当に嬉しい!幸せすぎてやばいよ♡
これからもよろしくね♡
◯◯大好きだよ♡本当にありがとう。」

このように、本当に嬉しさで気持ちが溢れているよという事を言葉と絵文字を使って可愛らしく返すと、彼氏にも想いが伝わりますので喜ばれる返信メールとなります。

愛情表現の言葉も入れてあげると尚良いですね!

 

《相手に寄り添いながら嬉しい想いを伝える》

この時、彼氏の生活状況に寄り添って返信内容を考えると尚良いです。

例えば、
「◯◯は今とても忙しい時なのに、わざわざ誕生日メール送ってくれてありがとう!
もらってすごく嬉しいよ!幸せです♡」

「体調悪い時なのに、誕生日メールありがとう!すごく嬉しかったよ!
体調はどう?大丈夫?
誕生日パーティーはまた今度で良いから、今日は私が看病しに行くから待っててね!」

 

など、彼氏が忙しい時、体調が悪かった時など、彼氏側に何かあるにも関わらず、きちんと誕生日メールを送ってくれた場合は、それに対しての感謝の気持ちも伝えましょう。

彼氏の立場になって感謝の気持ちを込めながら返信をする事で、彼氏も
「この状況下でも誕生日メールを送って良かった」
「俺の事もわかってくれていたんだ」
と、無理してでも送った事、察してくれていた事に喜んでくれる事でしょう。

 

《彼氏に向けた彼女らしい決意表明をする》

誕生日メールを送ってくれた事に対してのお礼と感謝の気持ちを伝えた後に、彼氏に決意表明をするのも可愛らしく思えますし、これから先の期待もできて喜ばれる返信となります。

 

例えば、
「誕生日メール本当にありがとうね!
こんなにお祝いしてもらって、私は幸せ者だね。
今年は◯◯の為に、もっと美味しい料理を作れるように頑張ります!
こんな私だけど、これからも側にいてください♡」

など、彼氏の為に今年はこんな事を頑張るよ、こんな事をしてみようと思うよと、これから先もあなたの為に尽くしていきますという気持ちを伝えましょう。

このような言葉を伝えられる事で、彼氏も彼女とこれからも一緒にいたいと思えますし、将来を見据えたお付き合いができるでしょう。

 

《まとめ》

誕生日メールの返信は、相手がどんな返信を求めているか、どんな状況の中で送ってくれたのかを考えましょう。

考えた上で、改めて嬉しかった思いや彼氏に対しての愛情表現の気持ちを素直に伝えてあげる事で、彼氏に想いは伝わる事でしょう。

普段照れくさくて言えない事をこの機会にきちんと伝え、より2人の絆を深めてはいかがでしょうか。

彼氏から誕生日メールの返信の内容で彼が絶対喜ぶ書き方とは?
についてでした!

読んで頂き、ありがとうございました!