トラブル

元彼が幸せになるのが許せないと思う時にスッキリさせる方法!

交際時に、彼から暴言を浴びせられたり、辛い思いを受けひどい事をされ、結局別れたという女性もいるでしょう。

そんな事をしてきた元彼に対して、別れた後幸せになって欲しいなんて思う訳がありませんよね。

でも、恨んでばかりいてもしょうがないんです。
もうこれは過去の話なのです。

では、このようにモヤモヤしている時どうやって解消していけば良いのでしょうか。

今回は、元彼が幸せになるのが許せないと思う時にスッキリさせる方法について、ご紹介致します!

Sponsored Link

《その程度の男と離れられて幸せと思う》

女性に向かって罵倒してくるような男性は、思いやりの欠片もない卑劣極まりない男性と言えます。

そんな元彼と逆に別れられて幸せだくらいに思いましょう。

元彼に既に彼女がいて、幸せそうに暮らしているのであれば、尚更そう思ってください。

 

「今度はあの彼女がターゲットになるんだ。かわいそう。」
「私は元彼から解放されて良かった。」

と思える事で、彼の標的が今度は新しい彼女に移った事に安堵した気持ちになるはずです。

元彼の事が許せないという感情でいっぱいになった時は、新しい彼女に同情するくらいの器でいましょう。

 

《元彼に対して同情する》

自己中で身勝手で、自分の事しか考えれないような男性は、それらが直らない限り、異性とうまく付き合っていく事はできないでしょう。

そんな元彼の事を逆に同情するくらいの気持ちで見てやりましょう。

表向きには幸せそうに暮らしているかもしれませんが、元は欠陥人間です。

 

そのような人が心底幸せに暮らせるはずもありませんし、世間一般の幸せを手に入れる事は生涯ないと言えます。

相手を思いやる事もできなくて、パートナーに当たる事しかできないような元彼は、天涯孤独な人生になる男なんだと思いましょう。

そうする事で、「そんな人生しか送れないかわいそうな人」と思えるので、逆に気持ちがスッキリするはずです。

 

《元彼よりも幸せになる!》

冷酷な心を持っている元彼は、あなたが悔しがっている事を知れば、逆に喜ぶような下衆男かもしれません。

そんな元彼に対してのせめてもの復讐として、あなたが元彼よりも幸せに暮らす事が効果てきめんと言えます。

別れてから生き生きと過ごす様を見せ付けたり、SNSになどにアップしたりして、あなたと別れられてせいせいしているくらいの思わせる事ができれば、元彼は逆に悔しい気持ちになるでしょう。

 

元彼が悔しがっている様を想像するだけで、気持ちもスッキリしてきませんか?

元彼の幸せを憎むくらいなら、元彼の何倍もの幸せを手に入れれば良いのです!

 

《元彼の家庭環境と比べる》

世の中にはDVやモラハラな男性もいます。
元彼はそれらの類いかもしれません。

DVやモラハラをする人の共通点として、幼い頃の生い立ちが関係しています。

親から暴力を受けて育った場合、親から深い愛情を受けて育ってない場合に、連鎖となって自分もなってしまうのです。

 

あなたはそんな家庭環境に産まれなかったから、正常な判断ができるのではないでしょうか?

なので、そんな家庭環境に産まれて来なくて良かったと思い、親から愛されて育てられた事に感謝しましょう。

子供の頃からの生い立ちや家庭環境は、2度と戻りませんし、一生それが付きまといます。

DVやモラハラは心の病気です。
それに気付いていない元彼は、そのレベルの人生しか送れないという事です。

私は元彼のようにならなくて良かったと、改めて自分に自信を持つ事が大切です。

 

《今の自分の現状に満足する》

元彼が幸せになるのが許せないと非難ばかりしていてもしょうがありません。

なので、今のあなたの生活がどれだけ充実しているのかを考えましょう。

バカ騒ぎができて、信頼できる友人がいますか?
いつも見守ってくれ、愛情を注いでくれる家族がいますか?
あなたに人を思いやる心がありますか?

 

一見普通の事のように思えますが、これが叶わない人も世の中にはいるのです。
そう、元彼です。

これらが揃って、幸せな暮らしをする事ができるのです。

何気ない事を幸せと思い、今の現状に満足しましょう。

そうすると、元彼に対しての邪念や恨みが無くなり、おのずと心がスッキリしてくるのがわかると思います!

 

《まとめ》

元彼が幸せになるのが許せないと思う時にスッキリさせる方法についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

恨み辛みは持てば持つほど自分にとってマイナスとなります。
良い事なんて何もありません。

 

元彼が幸せになるのが許せないと思う憎しみの気持ちを解消させるには、あなた自身が今の現状幸せだと感じる事が大切です。

また、欠陥人間は欠陥人生しか送れません。
相手にしてきた事は必ず自分に降りかかって来ます。

そんな人生しか送れない元彼を憐れみましょう。