片思い

片思いで失恋した時に元気を出す方法4選まとめ!

ずっと好きだった人に実は恋人がいた、勇気を出して告白したけれど断られてしまった・・・いろいろな形がありますが、ずっと思っていただけに片思いで失恋した時は誰でもとても悲しいものですよね。

好きな気持ちが強かった分だけ、立ち直るのにも時間がかかるものですが、今回はそんな片思いで失恋した時に元気を出す方法をご紹介します!

Sponsored Link

【1.思いっきり泣いてみる】

 

「元気を出すためにどうして泣く必要があるの?」と不思議に思う方もいるかもしれませんが、思いっきり泣いた後に気持ちがすっきりとした経験はありませんか。

 

目の前のことに追われて忙しく生活していると、なかなか自分の感情と向き合う時間がありませんよね。

片思いしていた相手に失恋した時くらい、自分のためにたっぷり時間を使ってあげましょう。

今日だけは好きな人のことを思ってたくさん泣いてみてください。

また泣く時にはできる限り一人になれる環境を選んでください。

自分の部屋でもいいし、どこか落ち着ける場所があればそこでも構いません。

自分のために自分が泣いてあげる。そのことが元気を出す第一歩になるはずです。

 

「もういい歳だし・・・」など考えるのは厳禁です。

失恋に年齢は関係ないですし、何より泣けるくらい好きな人がいたのは素敵なことです。

自分のために目一杯涙を流しましょう。

 

 

【2.主人公が前に向かって進み始めていく映画を見る】

 

片思いで失恋した時には立ち直るのにどうしても時間がかかりますよね。

一人で部屋にこもっていたいと思ってしまっても、それで大丈夫です。

せっかくの一人の時間を素敵な時間にするために映画を見てみませんか。

 

選ぶ作品は今の自分に近い「主人公が立ち直っていく物語」がおすすめです。

主人公が悲しみながらも前へ進んでいく姿に、気付けば勇気をもらっているはずです。

 

「映画のようになんて上手くいくわけないよ!」と思ってしまうこともあるかもしれませんが、一人でじっくりと見ているうちに少しずつ元気を出すことができるようになっていきますよ。

 

どの作品がいいか分からないという方へのおすすめBEST3もご紹介します。

 

NO.1『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

 

こちらの作品は片思いからの失恋ではありませんが、恋人に振られ失恋した主人公が、今までの自分に別れを告げるべく旅に出ます。その道中で主人公は様々な人や出来事に遭遇していきます。最初は失恋から立ち直れずにいた主人公の変わっていく姿からだけでなく、主人公が出会う多くの登場人物からも学ぶことがたくさんあります。

 

NO.2『エリザベスタウン』

 

主人公が仕事も恋も全てを失ったところから物語が始まります。

人はどん底にいても何度でも立ち直れるということが暖かく描かれています。

失恋の辛さで「もう恋なんてしたくない!」と思っていても、見終わる頃には「誰かがそばにいるのっていいな」と自然と思えるようになっていますよ。

 

NO.3『ワン・デイ 23年のラブストーリー』

 

こちらは究極の片思いといってもいい作品です。

ある2人の男女の1日を23年間切り取って繋げていったようなストーリーです。

出会いからずっと23年間相手を思う心に涙が止まらなくなりますが、見終えた頃には「私もこんなに愛せる人と出会いたい!」ときっと思っているはずです。

 

 

 

【3.部屋を清潔にする】

 

落ち込んでいる時こそ、自分の身の回りに変化を起こしましょう。

といっても、そんなに意気込まなくても大丈夫です。

まずは、部屋の掃除から始めましょう!

気付かないうちにホコリや汚れが増えていませんか?

 

落ち込んでいる時に部屋まで汚れていると、余計に気分が落ち込んでしまいます。

いらないものをビニール袋にポイっとして、床も綺麗に雑巾で磨きましょう。

掃除をして部屋が綺麗になっていくと、自然と元気を出すことができるようになりますよ。

 

「掃除が苦手・・・」「どこから手をつけていいか分からない」という方は、まずは布団や枕のシーツを洗うところから始めてみてください。

洗濯なら物を捨てるより簡単ですし、手をつけやすいものです。

洗濯機を回している間に、掃除をかけて雑巾がけをしていれば時間も有効に使えます。

 

綺麗な部屋には良い運気が入ってくるとも言われるくらい、部屋を綺麗にすることは大切です。また自分のために何かをしてあげることで、自然と自信もついてくるはずですよ。

 

 

【4.友達に会う】

 

一人の時間をたっぷりとったら、今度はお友達に会いに行きましょう。

お友達には「今日は話を聞いてほしい」とお願いしてみてください。

失恋のことを話してもいいですし、話したいことを好きなように話してください。

話すことができるようになったあなたの様子を見たらお友達も喜ぶはずです。

 

それに、こうやって前を向き始めているなら・・・と新しい出会いを運んできてくれるかもしれません。

失恋してずっと落ち込んでいる人には誰か紹介したりしにくいものですが、元気を取り戻しつつあるようだと「今度友達を紹介しようかな」とお友達も前向きに考えることができます。

 

また、話しているうちに片思いしていた時のことや失恋のことを思い出して、泣けてきちゃっても大丈夫です。

素直に感情を表すことができるあなたのことを嫌いになる人なんていません。

今日は「あなた」がお友達に話を聞いてもらう日だと思ってください。

こういう日だけは特別でいいんです。

お友達に心を開いて話すことで、自分でも気付かないうちに元気を出すことができるようになっていきますよ。

 

まとめ

 

涙が止まらないくらいの失恋は本当に辛いですし、いつまでも引きずってしまうのも仕方ありませんよね。「すぐに元気を出すなんて無理」と思って当然です。

でも、それだけ深く誰かを好きになれたことはきっとあなたの財産になります。

その経験をしたことであなたは失恋前よりも素敵な人になっているはずです。

どんなに落ち込んでいても、必ず元気に笑顔で毎日が過ごせるようになりますよ。