片思い

[片思い告白]女性が自然に言えるセリフやポイント8選まとめ

女性から男性に告白するのは、とても勇気がいるものです。

彼に気持ちを伝えようとするあまり、言葉が出てこなくなってしまったり、思っていたのと違うことを言ってしまったり・・・そんな失敗もありますよね。

今回は、片思い告白で女性が自然に言えるセリフやポイントをご紹介します。

Sponsored Link

【1.「好き!」とストレートに言う】

男性にとって分かりやすく言ってもらえると相手の気持ちを受け止めやすくなります。

ポイントとしては、「付き合ってください」というセリフを加えることです。

男性の中には「好き」とだけ言われても、「あ、そうなんだ・・・。」「有難いけど、どうしたらいいのだろう」と返答に困ってしまう人もいます。

 

相手のことを考えて、自分の気持ちをストレートに伝えつつ、返事がしやすい言葉を選びましょう。

ストレートな言葉は、言う方も自然に言葉が出やすいので、緊張する告白の時でも言葉に詰まりにくくなるというメリットもあります。

【2.「ずっと好きだった」と思いの深さを伝える】

 

自分への思いの深さが分かると「そんなに好きでいてくれたんだ」と驚きとともに嬉しい気持ちが湧いてきます。

女性からの告白がとても勇気のいるものだと男性も分かっているはずです。

それに加えて、前から好きでいてくれたという片思いの気持ちの深さが伝わると、自然と嬉しく感じるものです。

同様に「会った時から好きだった」というのも思いの深さが伝わるのでオススメです。

 

【3.「こんなに好きになったのは、あなたが初めて」と初めてをアピールする】

 

女性から『初めて』と言われて嬉しくない男性はいません。

「自分にだけこれだけ好意を持ってくれたんだ」と知ったら、相手を見る目も変わりますよね。

また、初めてにも関わらず女性側から自分に告白してくれたということで、どれだけ勇気を出して告白してくれているのかも伝わります。

 

 

【4.「あなた以外考えられない」と特別感を伝える】

 

「自分のことしか見えない」と女性に言われると男性は優越感を感じて嬉しさが倍増します。

実際に告白しようと決心するくらい好きな人には「この人じゃないとダメ!」という気持ちを持っていますよね。そのため、この言葉は自然に出てきやすくなります。

ポイントはちょっと困っているような雰囲気で言うことです。

相手は「俺のことそんなに・・・」と戸惑いながらも嬉しくなるはずです。

 

 

【5.「あなたとこれからずっと一緒にいたい」と一緒にいたい気持ちを表す】

 

これからも一緒にいたいと言われると、それだけ自分のことを信頼してくれているのだと感じて、嬉しくなりますよね。

それは男性も女性も同じです。

相手のことを心から好きだからこそ、人は自然とずっと一緒にいたいと思うようになるものです。だからこそ、このセリフは相手の心にまっすぐ響くのです。

 

【6.「私じゃダメかな?」と疑問系で伝える】

 

あえて相手に問う形で告白することで、相手の心を揺れ動かします。

ポイントは表情も言い方も真剣であると伝えることです。

恥ずかしさのあまり、冗談っぽく言ってしまうと、相手に本気の告白だと伝わらない可能性があります。

ですので、「自分でも好きすぎて戸惑っている」くらいの気持ちで言うのがベストです。

【7.「私の好きな人、誰か知ってる?」から始める】

 

あえて直接の告白ではなく、疑問系で伝えることで相手の様子を伺うことができます。

相手が戸惑っている隙に「あなただよ」と可愛らしく伝えてみましょう。

最初から告白の言葉を言わないことで、自然と気持ちを伝えやすくなります。

男性も「えっどういうことだろう?」と動揺している間に、好きな相手が自分だと告げられて、緊張がMAXになるかもしれません。

ですが、緊張の分だけあなたの可愛らしさが心に響くのです。

ポイントは可愛らしく、さりげない雰囲気で言うことです。

あまり真剣に言いすぎると、相手が返答しづらい雰囲気になってしまうので、自然体を心がけましょう。

 

 

【8.「好きになっちゃった・・ごめんね」としんみりと伝える】

 

あえてごめんと伝えることで、相手はあなたのことを奥ゆかしく感じます。

また、万が一断る場合も、このような言い方をしてくれていると相手の負担も減りますよね。そういった女性らしい心遣いも伝わるのがこのセリフです。

ポイントは2人きりの時に、雰囲気のいい場所で伝えることです。

静かな時に言うことで、あなたの気持ちの深さが相手の心に伝わります。

 

 

まとめ

 

これから告白しようと考えている方も、まだ告白の決心がつかない方も、この片思いが成就するように今回の記事を参考にしてみてください。

大切なのは上手に言うことではなくて、『自分の気持ちをまっすぐ伝えること』です。

女性から好意を持たれて不快に思う人はいません。

もし嫌がるような人であれば、その人があなたが好意を持つに値しない人なだけです。

せっかくの片思いですから、素敵な未来に続くように勇気を出してみて