片思い

成功率がグンと上がる!片思いの告白セリフまとめ5選!

大好きな人についに告白すると決心したら、あとは何と言って伝えるかが問題ですよね。

いろいろ伝えたいことはあるけれど、一番気になるのは、どうしたら成功率が上がるのか・・・のはずです。勇気を出して告白するのですから、少しでも成功する確率を上げておきたいものですよね。

今回は、そんな告白を考えている方に役立つ、『成功率がグンと上がる!片思いの告白セリフ』をご紹介します。

Sponsored Link

【1.「私・僕の恋人になってください」】

 

「好き」と言われるのも、もちろん嬉しいものですが恋人になるというのはやはり特別感があります。

また、恋人になってほしいと言うことで相手に自分の真意が伝わりやすくなります。

そのため、このセリフで告白されると相手は「自分のことをそういう風に思っていてくれたのか」と気持ちをまっすぐ受け止めることが出来ます。

また、ただ「好き」とだけ言われるより、どう答えればいいのかがはっきりとしているため、誤解や勘違いも生まれにくいセリフです。そのことも成功率アップに繋がっています。

 

【2.「これからもずっと一緒にいてほしい」】

「これからも」という未来を感じさせることで、あなたの気持ちがどれだけ真剣かを相手に伝えることが出来ます。

誰でも恋人になった相手とはこれからもずっと一緒にいたいと思うものですよね。

そういったこれから先のことを感じさせる言葉を使うことで、あなたの気持ちが一時的なものではなく、本当に真剣に思っているのだということが伝わります。

また2人きりでいる時に「このままずっとあなた・君のそばにいたい」と伝えるのも素敵です。好きな人といると時の流れが早く感じますよね。そんな時にこんなセリフを言われたら、相手も同じ気持ちだったのだと知ってとても嬉しく感じるものです。

嬉しい気持ちになった分だけ、告白も成功しやすくなりますよ。

 

【3.「あなたしかいないんです」】

 

このセリフを言われて、嬉しくならない人はいないのではないでしょうか。

自分のことしか見えていないと言われると、男女問わず特別感を感じますよね。

「この気持ちは特別なものだ」とちゃんと伝えることで、相手に真剣さと気持ちの強さが伝わり、成功率がアップするいう仕組みです。

同様に「あなたじゃないとダメなんです」というセリフもグンと成功率が上がるのでオススメです。

相手の心の中には自分しかいないんだと思うと、告白してきた相手のことがより一層愛しく感じるものですよね。

それにそこまで自分を思ってくれている相手がいるという事実が、告白された側を幸せな気持ちにしてくれます。

 

【4.「〇〇している・〇〇なあなたを好きになった」】

 

具体的な場面や性格を告白のセリフに入れることで、どうして好きなのかをストレートに伝えることが出来ます。

相手からすると、ちゃんと自分を見ていてくれた人がいたのだという嬉しさを感じます。

特に自分に自信がなかったり、落ち込んでいる時に誰かにそう言われたら、とても心に沁みるものです。それに、自分では気付かなかった部分を褒められたり、ましてや好きになってもらえたら自信もつきますよね。

告白のセリフの中に具体的な内容を入れることで、相手の心にあなたの思いが強く響き、結果として成功率を上げることが出来ます。

また自分をちゃんと見ていてくれる人に対しては、今までは何とも思っていなかったとしても、これからの見る目が変わるものです。

万が一今回は断られても、この告白が成功へのスタートになるというメリットもあるのです。

 

【5.「初めて会った時から好きでした」】

 

出会った頃から好きだったと言われたら、グッときますよね。

「今まで普通に接していたけれど、本当はそう思っていてくれていたんだ・・・。」と驚きながらも、その思いの深さに気付かされます。

好きでいた期間が長い分だけ、自分へ気持ちの大きさをより実感出来ますし、出会った間もない頃であれば、感じるときめきが強くなります。

また、「出会った時からずっと好きだった」と言われると、その健気な気持ちに心打たれますよね。

シンプルに「好きだ」と言われる以上に、思いの深さや強さが伝わることで、成功率がグンっと上がるものです。

 

 

まとめ

大好きな人に告白するときは、誰でもとても不安になりますし、どうしようもないくらい緊張しますよね。

自分の気持ちがちゃんと相手に伝わるように言葉を選ぶのは、告白成功ポイントの一つにすぎません。一番大切なのは、しっかりと好きだという気持ちを言葉に込めて、素直な気持ちを表すことです。

 

せっかく告白するのに、自分の気持ちがちゃんと伝わらなかったり、不安なあまり中途半端に終わってしまったらとても悲しいですよね。

 

自分のことを誰かに好きになってもらえるのは、誰だって嬉しいものです。

勇気と自信を持って、自分の気持ちを伝えてみませんか。