告白

告白で曖昧な返事をする男性の心理はこうだった!女性必見の事実

彼の気持ちを射止めるため、勇気を出して告白をする、したという女性は多くいるのではないでしょうか。

告白する時の心境は、誰でも不安な思いを抱えたり、緊張で胸が張り裂けそうな思いをしますよね。

しかし、一大決心をして告白に挑んだのに、彼からはなんだか曖昧な返事しかもらえなかったというケースもあります。

いまいち腑に落ちませんし、結局付き合えるのか付き合えないのかどっちなんだろう・・と複雑になるでしょう。

そこで今回は、告白をされて曖昧な返事をする男性の心理についてまとめました!是非ご覧ください!

Sponsored Link

《彼自身迷っている》

その女性が嫌いな訳でもないし、かといって好きな訳でもない。

このような心理状態の時は、はっきりYESかNOか答えを出せない場合があります。

彼自身、まだその女性に対して恋愛感情が湧いてないのでしょう。

しかし、嫌いな訳でもないので、とりあえず持ち帰ってじっくり考えてみたいというのが本音です。

真面目な性格の男性は、きちんとした答えを出そうとするあまり、その場では曖昧な返事をする事もあります。

まずは彼の返事を待ってみましょう。
この場合、望みはあるので諦めるのはまだ早いです!

 

《まだよく知らないから》

告白のタイミングを誤ってしまうと、あいまいな返事しかもらえない事もあります。

彼と出会ってまだ間もなく、彼自身もまた相手の事をよく知らない場合は、正直告白されても何とも言い難い心理となります。

よく知らないので、付き合いたいのか付き合いたくないのか、嫌いなのか好きなのかすらわからなく整理がつかない状態と言えます。

こんな場合は、よく「友達から始めよう」とだけ曖昧な返事でその場を切り抜けるパターンが多いでしょう。

告白のタイミングは、間違うと相手気を遣わせてしまい、結果思うような返事がもらえない事があります。

舞い上がった感情の勢いでの告白は要注意です。

 

《恋愛をする状況じゃない》

告白してきた女性の事がどうというよりも、現状彼が恋愛に対して前向きに考える事ができない場合、とりあえず曖昧な返事しかできないという事もあります。

・彼が重要なプロジェクトを抱えていて仕事に全てを注いでいる時

・病気を患っていて、自分の事を考えるのが精一杯な時

・金銭トラブルなどでお金がない、借金の返済で余裕がない

このように、精神的に自分の事でいっぱいいっぱいで、恋愛などしてる余裕がない心理状態の時には、上手く答えを出せないのです。

彼の問題が解決した時に、きちんとした返事を聞く事ができるかもしれませんので、まずは待つしかないでしょう。

 

《立場が女性の方が上》

告白する女性の立場が彼よりも上の場合は、付き合えないとわかっていても断りにくいという心理となります。

例えば社内恋愛なんかはよくありがちな事ですが、仕事上の先輩が女性で、彼が後輩の場合に、先輩から告白されたとします。

いつも仕事でお世話になっているし、ミスした時はリカバリーしてくれたりフォローして助けてくれ、とても感謝している。

しかし恋愛となると、それとこれとは別なので、正直先輩を彼女としては見れない・・けど立場的に断りにくい・・

と、彼の中でどうやって断れば良いのかと葛藤する心理が読み取れます。

このような場合もまた、はっきり「付き合えません」とは言えず、曖昧な返事となってしまうのです。

先輩と後輩の関係で、後輩が告白される側になると、恋愛感情が持てない場合はかなり気を遣い悩む事となりそうですね。

 

《キープしようとしている》

彼に何かしら理由があって今は付き合うことができないけど、後々どうなるかわからないと考えている場合、はっきり答えを出さずに曖昧な返事をする事があります。

例えば、彼に好きな人がいて、彼もまた告白しようとしている。

彼に実は別れるかもしれない彼女がいる。または配偶者がいる。

このようなケースの場合は、告白してきた女性の事をとりあえずキープしようとしているのです。

曖昧な返事をするのは、寂しがりやで1人になりたくない男性の心理と言えます。

必ず隣に女性がいなきゃ生きていけない男性は、寄ってくる女性をキープしたがるので、都合の良い女にならないように彼の心理を見抜かなくてはなりません。

 

《まとめ》

告白で曖昧な返事をする男性の心理についてでした。

曖昧な返事をされると、結局YESかNOかわからないですよね。

なので、まずははっきりした答えを問いただすのではなく、今までの彼との関係性を振り返ってみて、彼がどのように思っているのかを冷静に考える事が重要です。

その上で、脈があるのか、ない恋愛なのかを見極める判断をするべきではないでしょうか?