メール・LINE

男性からLINEの告白はあり?キュンとするセリフやタイミングは?

片思いしている男性からの告白ほど待ち遠しいものはないですよね。

確実にいい感じのはずなのに・・。

彼がなかなか「付き合おう」と言ってくれない。

 

男性も好きな女性に告白するのは

勇気がいるのです。

 

ほとんどの女性は男性から直接告白されたいと思っています。

女性はドキドキしたいのです。

キュンとしたいのです。

 

男性からされたいLINEを使った思わず抱きしめたくなる

キュンとするセリフやタイミングをご紹介します。

 

好きな女性になかなか告白できない男性!

彼女は待っているかもしれませんよ?

Sponsored Link

会話の流れで「好きな人いる?」

 

LINEでまるで話している様にやりとりする事ってありますよね。

「何食べた?」なんて気楽なLINEから始めます。

 

何気ない日常の会話をしている所に

「好きな人いるの?」

急に言われたらビックリしますよね。

 

そこで

「俺はあなたの事が好きだから

好きな人がいるか気になって」

 

「好きな人はいますか?」と聞かれているのに

「あなたが好き」と言われているので

返答には困ってしまいますが、不器用な感じにもキュンとしますよね。

 

はっきりとした告白ではなく

LINEでさり気なく好きだという気持ちを伝えるましょう。

 

 

一緒にいる時に

 

こちらはかなり難易度が高くなりますが

ロマンチストな女性や

シャイな女性は直接、告白されるよりも

嬉しいかもしれません。

 

スマホを同時に使える状況で

目の前にいる状態です。

 

二人きりの時をお勧めしますが

より、スリルやドラマチックを求める方は

大人数の時も挑戦してみてください。

 

前触れもなく

「好きです。」

とLINEを送ります。

 

返事はLINEでも言葉でも。

 

LINEでのやり取りだからこそ

お互いの反応が気になりますよね。

 

電話していい?

 

LINEが普及してから

電話よりLINEを使う人が増えて

なかなか電話をしなくなりましたよね。

 

そこで

「伝えたい事があるんだけど、電話していい?」

勘のいい女子なら

すぐにピンときますよね。

 

そこから電話が掛かってくるまで、

話を聞くまでは

ドキドキしてしまいますよね。

たまに聞く電話越しの声は恰好よく聞こえるはずです。

 

電話で「好き」と伝えることが恥ずかしい方は

 

「恥ずかしくて直接言えなくてごめん。

好きです。

電話していい?」

 

なんてLINEきたらキュンキュンしちゃいますよね!

 

 

バイバイした後に

 

みんなでも、二人でも会っていたその直後に

 

「もっと○○と一緒にいたいな

ずっと一緒にいたいな。

今から会える?」

 

こんなLINEが来たらどういう意味?と思いますよね。

 

「好きです。

彼女になってほしいです。

 

今から会えますか?」

 

という、ストレートな文章でもいいと思います。

 

バイバイしたばかりだから

きっとすぐ近くにいることでしょう。

 

ドラマチックに演出するなら彼女から見える場所にいても

いいと思いますが

ストーカーと思われない様にしてくださいね。

 

怖がらせてしまうので

暗い所ではやめましょう。

 

告白で言われて嬉しい言葉

 

「好きです」

 

「付き合ってください。」

 

「ずっと一緒にいてください。」

 

「彼女になってください。」

 

「彼氏にしてください。」

 

「一緒にいると落ち着く」

 

「毎日会いたくなる」

 

 

こうやって見てみると

言われたい言葉は至ってシンプルですよね。

 

シンプルな言葉でも真剣に想ってくれている

彼から言ってもらいえる言葉は

どれでも嬉しいものです。

 

 

LINEで告白する時のポイント

 

LINEは手軽に使える連絡手段というイメージがある為

「軽い」とか「冗談では?」

と女性は考えてしまうのです。

 

タイミングやセリフはとっても大切です。

 

特にLINEで絵文字やスタンプを使う方は多いと思いますが

告白するときには

絵文字やスタンプの利用は控えましょう。

 

 

また、想いを綴った長文や

ロマンチックなポエム調の告白はやめましょう。

 

彼女にあなたの真剣な気持ちが伝わる様に

シンプルにはっきりと伝えましょう。

 

関連記事:メールで告白したいあなたへ!成功する文章のテクニックやコツまとめ!

 

 まとめ

 

上記で紹介したのはいずれも彼がひとりでいる事がわかる様になっています。

友達といる時にノリで告白しているのでは?

なんて余計な心配をさせない様にしましょう。

 

 

男性がLINEを使って告白することは「あり」です。

 

しかし、使い方によっては本気だと思われない場合もあるので要注意です。

 

LINEで告白した後は恋人同士になれたのであれば

もう一度、顔をみて気持ちを伝えてください。

 

恋人になれなかったとしても

会う機会があれば返事をしてくれたことに対して

「ありがとう」と伝えましょう。

 

どんな方法であっても

気持ちがきちんと伝わればいいのです。

 

LINEをうまく活用して

告白をドラマチックに演出してみてください。