婚活

婚活パーティーで失敗しない自己紹介の書き方や例文を紹介!

婚活パーティーで一番大切といっても過言ではないのが、自己紹介カードです。プロフィールカードと呼ぶこともあり、大抵のパーティーでは手書きで記入する形になっています。

 

「このカードが大切なのは分かったけど、何を書けば良いの?」「会話が盛り上がる書き方は?」そんな疑問をお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、一度失敗しない方法を学べんでおけば安心して参加できますよ。

 

今回は、今後のパーティーで役立つこと間違いなしの「婚活パーティーで失敗しない自己紹介の書き方や例文」をご紹介します!

Sponsored Link

【1.具体的な内容を書いて質問しやすくする】

 

例えば職業欄の場合、ただ「営業」とだけ書いてあるよりも「広告代理店の営業」と書いてある方が、どんな仕事をしているか想像しやすいですよね。

 

婚活パーティーでは1人と話せる時間に限りがあります。そのため自己紹介カードで詳しく書いておかないと「どんな業種で営業をしているのですか?」といった基本的な質問をしているだけで時間が終わってしまいます。

 

限りある時間を有効に使うためには、自己紹介カードに具体的に書いておくことが大切です。またある程度詳しく書いていないと質問する側も質問しにくくなりますので、会話を盛り上げためにもきちんと記入しておきましょう。

 

<例文>

 

職業:法律事務所の事務員(一般事務と秘書業務をしています)

 

職業:広告代理店の営業(ネット広告を担当しています!)

 

 

 

【2.共感しやすいネタを仕込んでおく】

 

趣味の欄は一番会話が弾みやすいきっかけになります。

この欄への書き方で大切なのが、異性から見て突っ込みやすいポイントを作ることです。

例えば趣味が映画鑑賞だとしたら、好きな作品や最近見た作品、もしくは今見たいと思っている作品を記入しましょう。その作品の中に、異性も関心を持ちそうな作品を入れて下さい。これだけでぐっと会話がしやすくなります。

 

 

 

<例文>

 

趣味:映画鑑賞が趣味で、特に洋画が好きです。

最近見た作品は「ラブ・アクチュアリー」「ホビット」「007」です。

趣味:食べ歩きが趣味です。最近はスイーツにはまっていて、オススメは○○

のシュークリームです。

 

 

 

【3.嘘は書かない】

 

たとえば、女性の自己紹介カードに良くあるのが「得意な料理」の欄です。

料理が苦手、全くやらない・・そんな女性には困ってしまう欄ですよね。

そんな時は素直に練習中と書きましょう。嘘を付いて得意料理は○○ですと書いてしまうと、その話題を振られても盛り上がらなくなってしまいます。

男性の場合も、趣味や休日にすることが特にないからと無理に思いついたものを書いてしまうと自分の首を絞めることになってしまいます。

思いつくものがない欄については「最近は仕事に熱中しています」「学生時代は○○(をしていました」といった少し捻った書き方をするのも人柄が伝わるのでオススメです。

 

 

 

<例文>

 

得意な料理:食べるのは大好きですが、作るのは現在練習中です!

 

趣味:最近はやれていないですが、学生時代はよくテニスをしに○○まで行っていました。

 

 

 

【4.自己PR欄こそ気合いを入れる】

 

自己PR欄には普段どんなことをしているのかイメージしやすい文章を記入しましょう。

またどんな相手と出会いたいと思っているか、今後はどんな関係を築いていきたいと考えているかなども、2人の未来が想像しやすくなるので好印象です。

自己紹介カードで唯一自分らしさを出せる欄ですので、ここは時に書き方が大切です。

絵が得意な方はイラストを入れたり、自分の性格が分かるエピソードを入れたりするなど、読みやすくかつ分かりやすい書き方を心掛けましょう。

 

<例文>

 

『初めまして。お互いの好きな事や楽しいと思える事を一緒に楽しめる人と出会いたいなと思い参加しました。私は食べ歩きも料理も大好きなので、好きな人ができたら、お弁当を作ってピクニックに出かけたりしたいです。どうぞよろしくお願いします。』

 

引用元:http://www.dragoncity.ne.jp/learn/prof.html

 

『はじめまして。お互いの好きな事や楽しい事を共感し合える人と出会いたいなって思い参加しました。実はこう見えても料理にはちょっとした自信があります。趣味でよく料理をしているのでもし、良い機会があればそんな自分の得意料理を振舞いたいなって思います。

ちなみに得意料理はアラビアータです。プロ直伝の味!めっちゃ上手いで!(笑)

どうぞよろしくお願いします!』

 

 

 

引用元:http://20代婚活パーティー.net/entry5.html

 

【番外編:空欄は作るべからず!】

 

どの欄であっても、自己紹介カードに空欄を作るのだけは駄目です。

どうしても思いつかない場合は、単語のみになってしまっても構いません。

まずは全項目を埋めるようにしましょう。

女性の場合は年齢欄を空欄にする方がいますが、これはNGです。年齢が分からないと、他のプロフィールも本当なのか疑われてしまいますし、相手に不信感を抱かせてしまいます。そうしても書きたくない場合は30代前半などとという書き方にしましょう。

男性の場合は職業や年収欄を空欄にするのはNGです。強健で判断されているようで嫌だという意見も聞きますが、「どんな仕事をしているのか」「収入がどれくらいか」というのは婚活パーティーでは欠かせない情報ですので記入は欠かせません。

 

関連記事:婚活パーティーで好きな男性に印象を残す自己紹介はコレ!

まとめ

 

自己紹介カードを丁寧に記入しておくだけで、その日の異性からの好感度が変わります。

初対面の人同士がスムーズに会話するためにはきっかけが必要であり、そのために用意されているのがこのカードなのです。

事前に何を書くかある程度決めておくだけで当日の作業も楽になります。

参加するパーティー会社ごとにカードの形式が違うこともありますので、事前にHP等で確認しておくと準備が効率よく出来ますよ。