婚活

婚活で同時進行した時の断り方の例文6選!メール・電話編

婚活をしていると、同時に複数人の方とお付き合いをすることもありますよね。

 

「やっぱりこの人とは合わないかな・・」そう感じたときに悩むのが、どう断るかではないでしょうか。何と伝えて良いか分からず、何となく音信不通になってしまった・・そんな経験をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

 

せっかく時間を共にしたお相手ですから、失礼のないようにお断りしたい・・・そんな皆さんのために今回は婚活で同時進行した時の断り方の例文◯選!メール・電話編をご紹介します。

せっかくの出会いだったのですから、お互い前向きに婚活を続けていけるように、綺麗な終わり方も事前に知っておきましょう!

Sponsored Link

 

【1.例文①】

 

こちらの例文の断り方のポイントとしては少し時間を置いてから伝えているところです。会った当日やその直後に次の予定を決めようしている相手の場合は早めにお断りの連絡をした方が良いですが、そうでない場合は少し時間を置いた方が真剣に考えたことが表せますのでオススメです。

 

『○○さん

先日は貴重なお時間を割いていただき、ありがとうございました。

あの日は○○さんと、たくさんお話をし、色々なことを考えさせられました。

その結果、自分は○○さんには、未熟でふさわしくないと判断しました。

たくさんお気遣いいただきましたのに、このようなお返事を差し上げる

失礼をどうぞお許しください。

お話ができたことは、自分を見つめなおすとても貴重な時間となりました。

私も、女性としてもう少し成長をし、自信を持つ為に

もっと努力しなくてはいけないと思いました。

○○さんに、今後素敵な出会いがありますよう、お祈りしております。』

引用元:http://min8.info/archives/1435.html

 

【2.例文②】

 

こちらの例文の断り方のポイントとしては、自分を下げつつ相手の幸せを願っていることを文中に入れているところです。

 

シンプルで冷たく感じるかもしれませんが、これくらいあっさりしていないと「もしかしたらまだいけるかも?」と相手に変な期待を持たせてしまう可能性があります。

 

ですので、断ると決めたらあくまでも冷静に毅然として態度を崩さないようにしましょう。

 

ただし、こちらの断り方は非常にシンプルですので、それなりの時間をかけてきたお相手にはもう少し配慮した文章を選ぶことをオススメします。

 

『○○さん

いつもメッセージありがとうございます。今までとても楽しくやり取りさせて頂き、心から感謝しております。

○○は素敵な方だと思いましたが、価値観や考え方に開きがあるように思え○○さんにとって私は不十分だと感じてしまいました。

貴重なお時間を割いていただき、本当にありがとうございました。

○○さんに素敵な出会いがある事を心から願っております。』

引用元:http://konkatsu-ryugi.jp/netkonkatsu/ntechnic/nmassage/post-59.html

 

 

【3.例文③】

 

こちらの断り方のポイントとしては、最初にお断りの旨を伝えてしまうことです。

婚活で同時進行をしていれば、誰しもお断りをされる経験をしているはずです。

 

先に伝えてしまうことで、相手が最後まで読まなくても分かるように配慮しておくことも意外と必要なことです。同時進行中であれば、誰しも時間は貴重なものですから、相手の時間を必要以上に取らせないようにすることも大切なのです。

 

ただし、例文①と同じく実際に何度かお会いしている間柄の場合、もう少し内容を足した文章を選んだ方が賢明でしょう。

 

『○○さん、ごめんなさい。

今回はお断りをするためメッセージをお送りしました。

○○さんは素敵な方ですが、結婚を前提としたお付き合いまで至らないと感じています。

このまま中途半端な気持ちで、やり取りを続けても失礼だと思い、お断りをいれました。

今まで貴重な時間を割いていただいて、本当にありがとうございました。

お互いに良い婚活になるよう、がんばりましょう!

○○さんに素敵な出会いがあることを心から願っております。』

引用元:http://www.konkatu-neko.net/entry/kotowaru

 

 

【4.例文④】

 

こちらの断り方のポイントとしては、同時進行していなかったけれど、最近始めた場合や、同時進行を隠していた場合にオススメです。

 

婚活をしている方の中には、同時進行をあまり良くなく思う方もいらっしゃいますから、そういった方にはこの例文のようにお断りするのがスマートな方法です。

 

『これまで○○さん(お相手)のことは素敵だと思っておりましたが、実は、他にお付き合いしてみたい方が現れました。

同時に複数の方との交際は出来ませんので、申し訳ございませんがこの度のお付き合いは、ここで辞退させていただきたいと思います。

今までとても楽しかったです。

○○さんもぜひ、素敵な方とのご縁がありますように。

どうか幸せになってください。今まで本当にありがとうございました。』

引用元: http://婚活まとめサイト.com/64.html

 

【5.例文⑤】

 

こちらの断り方のポイントとしては、会った当日か少なくとも翌日には送っていることが大切です。

 

実際に会ってみて違うなと思ったら、「次はいつにしますか?」という話が出る前にお断りすることも必要なマナーです。ですので、きちんと感謝の言葉を述べつつ早めに自分の気持ちを伝えるようにしましょう。

 

『今日は貴重なお時間を割いていただき本当にありがとうございました。

○○さんとたくさんお話しが出来て楽しい時間を過ごすことが出来ました。ただ○○さんといっしょに過ごす中でわたし自信いろいろと自分の至らない部分が見えてきたのも事実です。

実際に会ってみて、お互いの考え方を擦り合わせていく中で、○○さんとの方向性に開きがあるように思え、○○さんにとって私は不十分だと感じてしまいました。

これはわたしが一人の女として至らない点が多かったことが問題です。本当に申し訳ありません。

今回は本当に申し訳ありませんが、お互いにご縁が無かったということにさせていただきたいのです。このような身勝手な判断をお許し下されば幸いです。

これまで○○さんとお話させていただいた時間はとても貴重なもので、私自身、自分のダメな部分にも気付くことができ、とても感謝しています。

本当にありがとうございました。○○さんに素敵なご縁があるよう心から願っております。』

引用元:http://konkatu-plus.com/?p=693

 

【6.例文⑥】

 

こちらの例文の断り方のポイントとしては、ある程度の時間をかけて考えたことを相手に最初に伝えていることです。

メールも何度もして、実際に会ったけれどそれでも違うと思ったのであれば、その気持ちをきちんと伝えることが大切です。

 

今までの例文にもありましたが、お互いの大事な時間を使ってきた相手ですから、感謝の気持ちは必ず伝えましょう。

 

『お返事が遅れてすみません。

実はずっと○○さんとの交際について悩んでいました。

せっかく仲良くなれたのにとても残念なのですが、メールはこれで最後にしようと思います。

会って実際に○○さんとお話ししてみて、 価値観や考え方に開きがあるように思え、

私では○○さんのお相手として不十分だと感じました。

○○さんと過ごした時間はとても有意義で、たくさんのことを学ぶこともでき、とても感謝しています。

私のために貴重をお時間をいただいて本当にありがとうございました。

○○さんに良いご縁があることを心よりお祈りしています。』

引用元:http://net-de-kon.com/jisen/mail-okotowari.html

 

 

まとめ

 

今回は婚活で同時進行した時の断り方の例文6選!メール・電話編をご紹介しました。

お断りするのは、断る方にとっても辛いものですが、婚活を進めていく上では避けられないものです。今後何かのきっかけで再開する可能性もありますから、お互いにとって良い経験として終われるようにしていきたいですね。