婚活

婚活で連絡先交換後の電話やメールの頻度はどれくらいがベスト?

婚活をしていると、たくさんの人と出会いますが、そのたびに悩むのが連絡の頻度ではないでしょうか。

「気になる相手と連絡先交換をしたものの、どれくらいの頻度なら連絡をしても良いのか分からず、気付いたら連絡するタイミングを完全に失ってしまった」そんな方もいれば、「連絡しすぎて音信不通になってしまった!」という方もいるのではないでしょうか。

 

今回は婚活で連絡先交換後の電話やメールの頻度はどれくらいがベスト?という内容でご紹介していきます。

お互いにとってせっかくの出会いですから、始まったばかりの関係を大事に育てていけるようにベストな頻度を知っておきましょう!

Sponsored Link

【1.相手のペースに合わせる】

 

電話でもメールでも相手のペースをつかむことが非常に重要です。

特にLINEだと気軽にやりとりできるからとあまり深く考えずに送ってしまうかもしれませんが、人によってはあまり使わないという人もいます。

 

ですので、出会った当初は相手からどれくらいの頻度で返ってきているかを見定める期間として考えることをオススメします。

 

『丁度良い、心地良いと感じる頻度は非常に個人差があります。毎日メールをしなければ落ち着かない人も居れば、メールは3日に一通程度で十分だという人も居ます。相手に伺うのはかえって気を遣わせることになるので、先ずはたわいも無いメールを送り、相手からの返信を待ちましょう。もし返信が3時間後だった場合、その相手にとって丁度良い間隔はおよそ3時間だと考えられます。これを何度か繰り返ししている間に、相手の生活リズムが分かってきますので、自然とメールの頻度が定まってきます。』

引用元:http://marihonnete.com/kokorogamae/konkatsu-mail-hindo.html

 

【2.相手の状況を理解する】

 

婚活であれば、出会ったときに相手の職業や勤務体系について話していることもありますよね。同じ平日勤務だとしても業種や時期によって忙しさは異なりますから、その辺りを早めに確認しておくことが大切です。

 

相手の余裕のあるときに連絡をするように心掛けるだけで、返信率も変わってくるものです。

 

『勤務先が土日出勤で今日は代休。暇だから、あの人にメールしてみるか――なんて、平日の営業時間中にメールしてしまったことはありませんか? (中略)

あなたがメールを受け取る側だったら、どう感じるでしょう。大事な会議や商談の途中、「今日、暇なんだ」といったお気楽なメールを受信したら、良い気分にはなりませんよね。寝付き始めたときにメールを受信したら、相手によほど好意を持っていない限りは「タイミング悪い人だな……」と思いませんか?

メールなら相手が好きなタイミングでチェックできるとはいえ、携帯電話宛てのメールだったら受信時に着信音・通知があります。相手が受け取ったときの気持ちを考えて、メール送信のタイミングを考えましょう。』

引用元:http://ksc.ibj.net/konkatsu-mail/

 

【3.女性→男性の場合】

 

女性から男性に連絡をする場合は、送りすぎないようにすることが大切です。

 

一般的にですが、女性の方が頻繁に電話やメールをする人が多いですから、相手が異性であることを念頭においてやり取りをするように心がけましょう。

 

『まず、男性心理として、用件ありきのメール内容や自尊心やプライドを刺激するメール内容でないと、メールをしても返事がきにくいというものがあります。

 

この男性心理を抑える事を前提として、メールを送るベストな頻度は、自分がメールを送ってから、男性から返信がくるまでの時間+半日~1日位が良いでしょう。(中略)

恋愛心理として、相手を考えている時間が長ければ長いほど、その人を好きになるというものがあるのですが、このようにメールの返事を意識的に遅らせる事で、婚活で知り合った男性にアナタの事を長く考えてもらうことができ、好きになってもらえる可能性を大きく上げることができるのです。』

引用元:http://konkatsu-sengen.com/?p=320

 

【4.男性→女性の場合】

 

男性から女性に連絡をする場合は、相手に恐怖心を与えないことが大切です。

中には一日に何十通をやり取りした結果、相手が怖くなってしまったというケースもあります。内容には問題がなくても、過度の連絡は避けるほうが無難といえるでしょう。

 

『ネット婚活でのメール頻度は一日1往復から2往復が標準的です。

メールの回数を増やしても好感度が上がるわけではありません。

メールでは好感度よりも警戒心を解くのが目的になります。

メールを書く際の内容は日常的なことや相手の女性が興味あることについて書きましょう。

その際に返信するペースは相手の女性に合わせるようにします。

メールアドレスを交換して3日ほどメールのやりとりをしたらデートに誘ってみましょう。

女性をデートに誘うのは男性の役目です。もし断られたら素直に諦めるのも肝心です。

どうしても諦めきれない場合は2、3週間後に改めてデートに誘ってみましょう。』

引用元:http://konkatu.38miya.com/konkatu-mail-556.html

 

【5.出会った当初の場合】

 

出会って間もない頃であれば、まずは色々聞きたいこともあるかもしれませんね。

 

ですが、そこで根掘り葉掘り聞いてはいけません。メールや電話はあくまでも実際に会うための手段と考えましょう。

 

ですので、1日に1~2通のやり取りを何日かしたら、会う約束をすることをお勧めします。ただしすぐに会うのは抵抗があるという相手の場合は、しばらくはメールや電話でのやり取りをして警戒心を解くことが必要になるので注意してください。

 

『婚活パーティーやお見合いパーティーで出会った相手とメ-ルアドレスを交換することは珍しいことではありません。メ-ルは現代における重要なコミュニケーションツールの一つですし、電話番号を交換するよりも気軽な気分で聞くことができますから、まず初めはメ-ル交換をするというのは有効と言えるでしょう。(中略)

平均して1日に1~2通を目安として、まだそこまで二人の仲が発展していないうちは、このペースでメール交換をしてみてはいかがでしょうか。返信する必要のない挨拶メ-ルなどを、一日の始まりに送るなど、相手に負担のかからないような気配りも大切です。』

引用元:http://www.otocon.jp/column/mail-frequency/

 

【6.連絡先交換後のポイント】

 

婚活パーティーなどで連絡先を交換した後、きちんと連絡をしていますか。

張り切って参加したものの「何人もの相手と交換して、誰が誰だか分からない!」なんてことになってそのまま放置している・・・なんて人は要注意です。

 

交換したら、その日のうちには連絡をするようにしましょう。

 

初対面の相手だからこそ、最初のフォローが大切です。相手もたくさんの人と話しているわけですから、自分の特徴やその日に話したことを内容に盛り込んでおくと「あ!あの人ね!」と相手が思い出しやすくなりますし、そうした配慮が出来る人は相手からすると気が利く人だと思ってもらえますから、好印象ですよね。

 

『一般的には、アドレス交換をしたあとの最初のメールは、知り合って別れたあと数時間~数日以内に送るようにすると、相手との関係強化に役立ちます。

たとえば、別れたあとでさりげなく「今日はありがとう」「楽しかった」等のフォローメールを入れたり、会ったときに話した共通の話題に触れることで、お互いの親密度をより高めることができるでしょう。(中略)

相手とまめに連絡をとり続けたい場合は、出会い後のメールで「また会いましょう」「またメールします」等、2回目以降へのフックをかけておくと良いでしょう。

また、携帯メールの特徴として、比較的長文のメールを好む人と、一言・二言といった短文メールをやりとりする方法を好む人がいます。どちらのパターンを好むかは、相手から送られてきたメールの長さを見て判断することができます。』

引用元:http://ekonkatsu.jp/taisaku/taisaku4.html

 

まとめ

 

今回は婚活で連絡先交換後の電話やメールの頻度はどれくらいがベスト?という内容でご紹介しました。

 

気になる相手ほどつい連絡をしたくなるものですが、お互いの仕事やプライベートの状況を尊重した上で関係を築いていくようにしましょう!