恋愛心理

元彼から追いかけられる夢には深い意味や理由がある?

あなたは夢を見ますか?
毎日夢を見る人、ほとんど見ない人、見ても起きたら忘れている人、様々ですよね。

その日1日を気持ちよく過ごすバロメーターにもなるのが夢ではないでしょうか。

そんな夢の内容で、元彼から追いかけられるなんて夢を見たらどう感じますか?
そのような夢を見る意味や理由はあるのでしょうか?

今回は、元彼から追いかけられる夢について、ご紹介していきます。

Sponsored Link

《そもそも夢に出てくる元彼の意味とは何なのか?》

夢に出てくる元彼の象徴は、あなたの恋愛状態を示している事があります。

元彼は過去に付き合った彼氏なので、過去の気持ちにケリをつけて、きちんと前を向いて生きなさいというメッセージ性もあると言われています。

この事から、元彼が出てきたからといって、全部の夢が今の元彼とあなたにこれから起こり得る予言ではないという事です。

では、この事を頭に入れて置きながら、元彼から追いかけられる夢の意味や理由を見ていきましょう!

 

《現実に元彼からつきまとわれている》

夢となって出てくる内容は、現実で深く悩んでいたり気になっていたり、日常的にその事で頭がいっぱいな時に夢にも現れる事があります。

元彼から追いかけられる夢を見たという事は、現実でも元彼からつきまとわれているという事がありませんか?

例えば、しつこく復縁を迫られている、頻繁に連絡がくる、後を付けられているなどです。

夢にまで出てくるという事は、かなり悩んでいる証拠なので、やはり元彼にそのような行為をやめてもらうしか他ありません。

あまりにもストーカーのように怖い思いをしているなら、警察に相談したり、被害届を出したり、身の安全を確保しましょう。

 

《元彼が念を込めている可能性がある》

元彼から追いかけられて、あなたが恐怖を感じている夢を見た場合です。

これは、あなたに対して邪念を送っている可能性があります。

別れた際に、元彼があなたに恨みを持つような事をしていませんか?
または付き合っていた時に元彼に対して何かひどい仕打ちをした事はないでしょうか。

あなたに対して深い怨念や恨み辛みがあると、念が送られてしまい夢にそれが現れる事があります。

元彼の念が生き霊となっている事もあり得なくないので、気になるようであれば1度お祓いに行っても良いかもしれませんね。

 

《恋愛ができない状況?》

元彼から追いかけられてあなたが苦しい思いをしているなら、その時のあなたの恋愛が上手くいっていなくて恋愛の運気が低下していると考えられます。

その理由は、元彼と付き合っていた頃に何かトラウマを感じていた、そのトラウマを今でも引きずってしまっていて忘れられない。

または、元彼の事をどこかで忘れられなくて、思いを断ち切る事ができずに新しい恋愛に進む事ができないなどが挙げられます。

これらを解消するには、やはり新しい恋愛をするしか方法はありません。

悩んでばかりいて引きこもっていても始まりませんので、恋愛に対して少し前向きにポジティブに考えるようにしましょう。

過去の恋愛を忘れさせてくれるほどのパートナーに出会える事を願います。

 

《悪い意味や理由ばかりでもない》

元彼とじゃれ合うようにはしゃぎながら追いかけられる夢を見たなら、それはこれからのあなたの生活や環境が良い方向にいくであろう暗示があります。

元彼と仲良く過ごしている夢には、すでに元彼が過去の人となっており、あなたの中では良い思い出となって消化されているという事です。

このような夢を見た時にまだ新しい彼氏がいなければ、恋愛に対して積極的に行動してみても良いかもしれません。

自身をもって良い方向に進めるよう努力してみてはいかがですか?

 

《まとめ》

元彼から追いかけられる夢には深い意味や理由がある?
についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

元彼との夢は、良い意味も悪い意味もあるようです。

基本的には、今の自分の恋愛の良し悪しの意味や暗示を表している場合があるので、元彼がどうこうという事でもないのがわかります。

ただ、過去に元彼からDVやモラルハラスメント、ストーカー行為など、恐怖や精神的苦痛を与えられてしまい、未だに解消されてない場合は、早急に処置が必要です。

それくらい精神的に追い詰められている証拠なので、専門の心理カウンセラーに相談したり、やれる処置をしていきましょう。

1度トラウマとなった出来事はなかなか簡単には拭い去る事ができないかもしれません。

しかし、世の男性は決してそのような男性ばかりではありません。

必ず、あなたにふさわしい誠実なパートナーがいつか現れます。

早くその日が訪れるのを楽しみに待って、今の思いを少しでも克服できたらと思います。